​子育てとアニメ—京都アニメーションの作品が描く「人間」とは

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装が趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた……。今回は、仙田さんが子どもたちと一緒によく観ているという京都アニメーションの諸作品について、また子どもと何かを共有することについて考えを巡らせます。

0歳の頃から続けていた絵本の読み聞かせ


photo by ぷにすけ on photo AC

子育てをしていると、自分がどのように育てられてきたのか、育ってきたのかということに直面することがある。
親からされて嬉しかったことは子どもにもしてやりたくなり、そうではなかったこととは逆のことをしてやりたくなる。

子どもの頃、寝る前に本の読み聞かせを母親にしてもらっていたことをよく覚えている。
常夜灯のオレンジ色の光がやわらかく広がるなかに、母親の声とともに物語の世界が立ち上がり、登場人物たちが動きだす。
まるで目には見えない映画を見ているかのような、不思議な体験だった。

人間には肉体的、物理的な限界があるが、本を読むことによってその限界を突破して現実の領域を押し広げることができるのだ、ということをその体験は教えてくれた。
子どもたちが0歳の頃から寝る前に絵本を読み聞かせを続けてきたのはそのためだ。

最初は動物の絵に「わんわん」「バイバイ」のような簡単な言葉がついているだけの絵本を紙芝居のようにめくりながら見せていた。
少し大きくなると、言葉ではなく短い文章がついて物語が展開していくものを読むようになった。
気に入った絵本は何度も読んでとせがまれるので、私も子どもたちも内容を暗記してしまえるほど読み返した。
「ガロ」誌でマンガを読んでいた佐々木マキの絵本はどれも面白く、子どもたちにも人気が高かったのを覚えている。

離婚してからも読み聞かせの習慣は続けていたが、長女が小学校に上がる頃から子どもたちが自分で本を読むようになったので、読み聞かせの時間は自然消滅してしまった。
代わりに、一緒にアニメを観るようになった。
最初はプリキュアやディズニーアニメを観ていたのだが、去年の夏頃に「鬼滅の刃」を観たのをきっかけに、さまざまな作品に触れるようになった。

作品を選ぶのは私で、子どもたちはアニメだというだけで抵抗なく観てくれるし、たいていは面白がってくれている。
作品を選ぶ基準は、優れた作品であるかどうか。

「本物」に触れさせたい


photo by Kazuya2078 on photo AC

長女が3歳の頃に、アンパンマンの映画を観に行ったことがある。
映画的な見せ場を作るためだろうが、ストーリーがよく練られていて、アンパンマンたちとバイキンマンのバトルも迫力があるのだが、いまいち心に残るものがなく、退屈だった。

長女は食い入るように映画を観ていたが、帰り道に何か感想を口にすることはなく、家に帰ると「白雪姫が観たい」と言いだした。
1950年代のディズニーアニメのDVDが10枚3000円で売っていたので購入し、毎日のように観ていたのだが、そのうちの1枚だった。
70年近く前の作品とは思えないほどの作画の流麗さと独自性に、私は改めて胸を打たれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女装パパが「ママ」をしながら、家族と愛と性について考えてみた。

仙田学

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた。仕事と家事・育児に追われる日々、保育園や学校・ママ友との付き合い、尽きることのな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamanami_ya 子育てとアニメ――京都アニメーションの作品が描く「人間」とは |仙田学 @sendamanabu |女装パパが「ママ」をしながら、家族と愛と性について考えてみた。 https://t.co/9vhF1ZQhDl コンビニで読んでたら涙がボロロロロロって…。・゚・(ノД`)・゚・。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

sendamanabu cakesの連載。今回は、子どもたちと一緒にハマっている京都アニメーションの作品について書きました。 https://t.co/4wNa5xqhPq 4ヶ月前 replyretweetfavorite

iroduku_genei 子育てとアニメ――京都アニメーションの作品が描く「人間」とは #SmartNews https://t.co/ujRewayRNy 4ヶ月前 replyretweetfavorite