ティラノ部長

自分の代わりはいくらでもいたんだ

母親の体調不良を理由に、早退を繰り返す若手社員。彼を信じたいというティラノ部長の言葉には、亡き母への思いがあった。
バブル時期に入社して、90年代はバリバリ仕事していた会社員が50代になり部長になった。時代が変わってしまった中を生きていく悲哀をティラノサウルスのキャラクターで描く、鈴木おさむさんのInstagramでも連載中の『ティラノ部長』からお届けします。(毎週水曜日更新)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

他にもこんなマンガを描いています!

コルク

この連載について

初回を読む
ティラノ部長

したら領 /鈴木おさむ

バブル時期に入社して、90年代はバリバリ仕事していた会社員が50代になり部長になった。時代が変わってしまった中を生きていく悲哀を、ティラノサウルスのキャラクターで描く。 鈴木おさむさん原作、したら領さん(cakesクリエイターコンテ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jima_gen ティラノ部長が好き https://t.co/jQnPABv1FO 4ヶ月前 replyretweetfavorite