元国鉄職員だった遺影画家おじさんの壮絶な過去

日暮家の遺影を描いていた祖母の従兄弟・正一さんのお話は後編です。元国鉄職員だった正一さんは、なぜ画家への転身を決意したのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takkyems 遺影画家という仕事があったことに驚いている🤔絵を仕事にするとはこういう物もあるんだなあ https://t.co/kSXSoemZ1P 20日前 replyretweetfavorite

granat_san あ、足は心霊ネタではなかった。そして写真と違って絵は黄ばまないというのは思いつかなかった。 21日前 replyretweetfavorite

Higurashi_Emu cakesさんで『新ひぐらし日記』が更新されました。 11話 遺影画家 〜後編〜 です。 皆さんが気にして下さっていた “顔の脇の足” の真相もわかります。 ぜひ読んでみて下さいね! https://t.co/uOsWJHlzVm 21日前 replyretweetfavorite

codomopapercomi 今回のも面白かった!! 21日前 replyretweetfavorite