保育園の同じクラスの子の送別会で

東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、3歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2019年7月20日から25日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

2019年7月22日

〝たけちゃん、かずのケツが臭いからもう一度念入りに拭いてあげてください〟。

朝の5時半に、ふさこからそんなメールが残っていた。ふさこは大阪へ。

新幹線の中のふさことメールでやりとり。最近通っているクリニックについて。

ふさこ「子宮の内膜が薄い、と。 卵は育っていて、3日後くらいに排卵するだろうけど、今回はパスだね、と。
子宮内膜が薄いのは去年今年と流産処置手術(掻爬)で内膜を削ってるからなのか!?
内膜を厚くするためにはビタミンEって言ってた。 8月の生理後10日目くらいにまたおいで、とのこと」

樋口「前回はどうしてちゃんと妊娠しなかったか聞いた?」

ふさこ「聞いたっていうか、それも内膜薄いからか加齢かな、みたいな感じだったよ。
内膜薄いっていうのは深爪みたいなもんだ、って言ってた」

さっそく「子宮内膜 厚くする」で検索してみた

パンツのまま歯医者。
漏らさないか心配。きょうはちょっと長めの時間。
しかし無事終える。

こちらのデンタルクリニックに来るたびに、「かずくんおとなになったねー、お利口さんだねー」などと言われて、親としては恐縮するやら嬉しいやら。

ママ友からメール。

「教室に入ったら、丁度かず君がみんなの前で、おもちゃマイクで名前、昨日したことを話してました。
ひぐちかずふみです。拍手。
K先生が上手にお話しできるようになったねぇ、と褒めて、照れてました」

いやいや。ほんとですか? こっちも照れる。成長しているのかなあ。

夜。ふさこからメール。大雨で新幹線が止まり、大阪ー東京間2時間半で着くはずが6時間かかったと。

さらに品川駅でタクシー待ちとのこと。

かずふみと先に眠ります。お疲れ様。

2019年7月24日

かずふみ、今年初プール。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません