育てている俺も褒めてくれ!」

東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、3歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2019年7月18日と19日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

2019年7月18日

整骨院の途中、野方の蕎麦屋、おおひらへ。

隠れた名店。隠れたままでいて。食べログの百名店に入っているあの店やあの店よりずっと美味い。

「わがままで大変です」と連絡ノートに書いたら、「保育園ではまったくそんなことありません」と返事が。

あいつ、外ヅラいいな。

夜、3人で風呂に入る。 「かず歌って」 振り付けしながら歌う。

「いいね!高音の伸びがある!」

かず、おだてられてもう一回歌う。

「パンキッシュだ!」

また歌う。

「ところでこれ、何の歌?」

「キシャポッポ」

そうだったのか。

ふさこ「たけちゃん、かずが可愛くてたまらないでしょう? 産んだふさを褒めて!」

「育てている俺も褒めてくれ!」

風呂からあがる。 「そろそろ歯を磨くよ」と言うと、決まって何か食べたがる。歯を磨きたくないから。

冷凍庫まで走ってパックしたご飯を手に持ってくる。

そんでレンジで温めてふりかけにまぶしても食べやしない。

早く寝たくないだけ。そしてあしたも遅刻する。

歯を磨くまで時間がかかる。イヤイヤのくだりがまた長い。よく飽きないな。

2019年7月20日

土曜日。きょうは保育園の同じクラスの子の送別会がある。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません