空前の大ヒットアイテム!「マルジェラの足袋ブーツ」って実際どうなの?

今回は、マルジェラの足袋ブーツに挑戦したいという方からの質問です。街で履いている人を見かけることが多い人気アイテムですが、その魅力をMBさんに解説していただきます。

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。

ペンネーム:のっくん

MBさんはじめまして、のっくんと申します。初投稿です!

昨年夏頃、MBさんのYouTubeに出会いました。 今までジャージばかり着ていたのですが、MBさんとドンキコラボの洋服購入をきっかけにファッションに目覚めさせられました。今ではメルマガやYouTube、書籍など日々学ばせていただいております。ありがとうございます^ ^

YouTubeでヒールブーツをオススメされていたので、私も足袋ブーツに挑戦してみたいなと考えております。 ただ、色々な方の感想をみると「コーデが比較的限定的になる」「合わせにくい」といった意見がありました。特徴的なデザインかつ高価な物なので、納得した上で購入したいのですが手持ちの服に合うのかが不安です。

そこで、足袋ブーツを合わせる上でのコツや注意点、意識するポイントなどをMBさんに是非教えていただきたいです!よろしくお願い致します。

p.s.MBチョーカー楽しみにしています!!

ありがとうございます。最近服好きがこぞって履いている足袋ブーツ、ZOZOタウンでも偽物や紛い物が出回るほど人気過熱となっています。オリジナルを作ったメゾンマルジェラは立体商標とってるわけではないので、違法ではないですが倫理的な問題はありますね(笑)。


※参照元:FARFETCH
「Tabi レザーブーツ」

メゾンマルジェラの創業者であるマルタンマルジェラが、文字通り日本の「足袋」に着想して制作したのがこちら。日本のオールドカルチャーは、海外ファッションの世界では「ジャポニズム」と呼ばれ昔から人気です。ルイヴィトンのモノグラムは島津藩の家紋から着想されたものですし、西洋ドレスのテキスタイルは日本の着物をヒントにしたものも沢山あります。マルジェラも世界1号店は実は日本の恵比寿店だったり。他にもディオールのデザインを手掛けたジョンガリアーノ、エルメスのデザインを手掛けたジャンポールゴルチエ、ジルサンダーなど多くの著名なデザイナーが「ジャポニズム」をデザインに用いています。

ネイティブな我々としてはなんとなく「所詮キワモノ扱いなんじゃないか」と謙遜して考えがちですが(なぜか日本人は自国のカルチャーに否定的な感覚を持つ人が多い)、とんでもない。ジャポニズムはミリタリーやワーク、スポーツなどの大きなカテゴリに準ずるほどヨーロッパでは主要なテーマとして扱われています。

さて、そんなジャポニズム・モードの典型例である足袋ブーツですが、やはり魅力は「細身のヒールブーツなのに、嫌味な印象がない」ところでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "購入前の方は「こんな奇抜なデザイン難しいんじゃないか」「着こなしが限定的になるのではないか」と考えてしまいがちですが、実はナ..." https://t.co/K9bij2L6cH https://t.co/ovQZA9nRYQ #drip_app 4ヶ月前 replyretweetfavorite