写真がまだ一般的になる以前、遺影は絵で描いていた

今回から新シリーズスタート。不思議な不思議な遺影画家のお話です。日暮家に飾られる遺影を描いた、祖母の従兄弟・正一さんとはどのような人だったのでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SnowPrairie 不思議な不思議な遺影画家のお話とは、これまた興味深いですな!楽しみ! 4ヶ月前 replyretweetfavorite

littlemytoft 最近とても楽しみにしてます。まつげのある登場人物、珍しい気がします。足👣。気になる。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kfthinwor33  肖像画は難しいでしょうね。ただ似せるだけではなく人柄を現すのでしょうから。正一さんの想像はどのように辿ったんでしょうね。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 遺影って描いてたのか……そして足。足が気になる……。 4ヶ月前 replyretweetfavorite