わかる日本書紀

日本書紀」には浦島太郎伝説が史実として載っている【第21代⑰】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第3巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第21代、雄略天皇の御代のお話。

高句麗、百済を滅す

雄略二十年、高句麗王は大軍を起こして、百済を討ち滅ぼしました。
そのとき、わずかな残兵が、高床の倉の下に、身を寄せていました。兵糧はすでに尽きて、深く憂い泣いていました。そこで、高句麗の諸将は王に、
「百済の考えていることは、よくわかりません。私は、見るたびに戸惑ってしまいます。おそらく、また残党が蔓延するでしょう。どうか今、完全に排除してください」
と言いました。しかし、高句麗王は、
「それは良くない。聞いたところでは、百済は、日本国の官家※1として長い由来があるという。また、百済王が、日本の天皇に仕えることは、まわりの国々の知るところだ」
と言って、追撃しませんでした。

二十一年三月、天皇は、百済が高句麗に敗れたと聞いて、コムナリ(久麻那利)※2を百済王・モンス※3(汶洲)に与えて、その国を救い、再興させました。当時の人は皆、
「百済は、一族すでに亡んで、倉の下に集まって嘆いていたのを、天皇に頼って、またその国を再興した」
と言いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TetsuIwaT #SmartNews 「東海中」ってどこ? https://t.co/OcdzLhdjmF 14日前 replyretweetfavorite