わかる日本書紀

末代まで許されない!?親の犯罪で迷惑千万【第21代⑮】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第3巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第21代、雄略天皇の御代のお話。

ネノオミの悪事が明るみに出る

雄略十四年四月一日、天皇は、呉人(くれひと)※1を饗応しようとして、臣下たちにそれぞれ、
「饗宴で賓客と食事を共にするのは誰がよいだろう」
と尋ねました。臣下たちは皆、
ネノオミ(根使主)※2がいいでしょう」
と言いました。

天皇は、ネノオミに命じて、食事を共にさせる者に任じ、石上(いそのかみ)の高抜原(たかぬきはら)で、呉人を饗応しました。
そのとき、密かに舎人を遣わして、ネノオミの服装を点検させました。舎人は帰ってきて、
「ネノオミのつけている玉縵(たまかずら)の髪飾り※3は、大変立派で、ことのほか美しいものでした。また、まわりの大勢の人が、『以前、使者を迎えたときにも、同じ髪飾りをつけていた』と言っております」
と報告しました。
そこで天皇は、自らその髪飾りを見たいと思って、臣、連らに、呉人を饗応したときと同じ服装で、宮殿の前に来るように命じて、会いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません