知らないうちにあなたの時間が消えてしまう理由

あなたの24時間はどこへ消えるのか――この連載では、仕事もプライベートも関係なく、今しかできないことをやる方法を伝授します。
今回のテーマは、いつの間にか時間が消えてしまう謎に迫る。1月21日発売の『あなたの24時間はどこへ消えるのか』(SBクリエイティブ)からお届けします(毎週月・木曜日更新予定)。


おかしい。なんで、今日は終わってしまうのだろう。

そんなチンケなポエムが、ふと脳内で再生される。部屋の時計の針は天を指し、深夜が訪れたことを主張する。嗚呼(ああ)、読もう読もうと思っている本が今日も1ページも進まなかった。寝る前になって、わたしは本棚にズラズラと積まれた「積読(つんどく)」たちを眺めながらため息をもらす。知の結晶らしく、誇らしげに並んだ本たちはどれもAmazonで注文しその翌日に届いたもの。現代の魔法と涙ぐましいサービス努力であっという間に届いたはいいものの、今日もわたしはどの本にも手を付けていない。中には半年以上も放ったらかしの本もある。

重い瞼(まぶた)の裏を見ながら「配達員さんごめんなさい、もう明日の午前中配送なんて選びません」と、わたしは心の中で手を合わせ、静かに眠りにつくのだった。

わたしの時間はどこへ消えた?

一日が24時間だということは、物心がついた時から一応は理解していました。そしてどんなお金持ちでも買えないものが「時間」であり、大学生の時は「学費を換算すると1日は1万円だから、毎日を大切にしましょう」なんていう脅(おど)し文句にあったこともあります。

そして社会人になり、日中が就業時間という軸に固定されるようになったことで「時間」というものがよりハッキリとした感覚で肌について回るようになりました。毎朝同じ時間に目覚めて身支度をし、電車に乗り、会社に着いたら朝会に出席してチームメンバーの顔を見てから自席に座る。バタバタと仕事をこなし、コンビニ飯でランチを済ませ、ミーティングを繰り返しているうちに日が暮れて、少し残業してから家に帰る。ぐったりとした体を引きずりながらおもむろに冷蔵庫の中を漁って雑に腹を満たし、お風呂を済ませれはすっかり深夜近くになり、ようやく眠りに落ちたと思ったらまた次の朝がやってくる。

これが流れるように続く、わたしの日常でした。

しかし一方、どうにも奇妙なことがありました。家に帰ってきたはいいものの、わたしは、わたしが、寝るまでに「何を」していたのかを一向に思い出せないのです。家に着いたのが20時だとして、24時には寝たいから、わたしには寝るまでに4時間の猶予があるはずです。今日は家に持ち帰った仕事もなかったので帰ってからやることといえば出来合いのごはんを温めて食べることと、せいぜい20分のお風呂くらいしかなかったはず。

そのはずなのに、すでに時計の針はなぜか深夜を指し示している。帰宅して4時間以上がたっているというのに、わたしは読みたいと懇願し続けた本を開くこともなく、やりたいと思い続けている英語の勉強をするわけでもなく、ついにはごはんとお風呂しか「しなかった」というのはいささか奇妙というか、絶対におかしい。わたしはひとり、首を傾(かし)げました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

仕事も人生も整うコツ!全国書店、amazonなどオンライン書店にて好評発売中!

この連載について

初回を読む
あなたの24時間はどこへ消えるのか

スワン

「いつか時間ができたらやりたいんだよね」 あなたはこれまでの人生で何度、このセリフを口にしたでしょうか。 でも〝いつか〟なんて保障はされてないし、今やりたいことは「二度とやれないこと」になるかもしれない――。 この連載では...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shiratoriyurie 今週のCakes連載は今日の15時過ぎまで無料で読めますのでぜひ覗いてみてください〜👏📚 【02/18 15:42まで無料 】 13日前 replyretweetfavorite

kohaku_utsurogi |あなたの24時間はどこへ消えるのか|スワン|cakes(ケイクス) ほんと時間ってどこに消えるんだろう…… https://t.co/Ccg6AGM2T0 16日前 replyretweetfavorite