恋のかけひきは無駄? 相手に好意を持たせるLINEのタイミング

一流レストランでサービスマンとして働いていた黒ワインさんが、サービスの技術を恋愛のコミュニケーションに活かす方法を教える連載。今回のテーマは「LINEの返信問題」。気になる相手とのやりとりで、返事はすぐに返したほうがいいのか、あえてしばらく未読スルーしたほうがいいのか、と悩んだことがある方は少なくないでしょう。そんなお悩みに黒ワインさんがズバリとお答えします。

みなさん、好きな人からLINEが来たら、すぐに返信するタイプですか? それとも「既読にはするけれど、返事は少し時間を置いてから」なんてやっていますか?

もしかしたら「未読のまま内容を確認できるようにしてるから、中身によって決めてるわ」なんて強者もいらっしゃるかもしれません。

僕が高校生のころはまだLINEじゃなくて、メールでした。好きな人からメールが来るとすごく嬉しかったのを覚えています。でも、すぐに返信したら「ずっとメールを来るのを待ってたって思われるかも」なんて考えてしまって、深呼吸してから返事をするようにしていました。

LINEでのやりとりになった今は、既読かどうかが相手に分かるようになりましたから、さらに恋のかけひきの難易度は上がっているように思います。「既読」にした上でいつ返事をするのか、という戦略が加わったからですね。

試しに「LINE かけひき」で検索してみたところ、200万件以上の結果がヒットしました。検索の1ページ目から「未読無視するタイミング」の話や、「既読にしてから返事をするのは翌朝に」みたいなテクニックが紹介されています。

でもね、全部とは言いませんが、実はこの恋のかけひき、間違いなんです。相手に好意を持ってもらうためのLINEの返し方を、お教えします。

早口の僕がとつぜんゆっくり話し始めた理由

僕とお会いしたことがある人は分かると思うのですが、僕ね、すごく早口なんですよ。

接客の仕事をしているときも、だいたいは早口です。もちろん、できるだけ聞き取りやすいように滑舌は意識しますが、料理の説明をするときなんかは「温かいうちに早く召し上がってほしい」という思いがあるからか、いつも通りのスピードで話すようにしてたんですね。

結果としては、早口だからといって接客で困ったことはそれほどなかったのですが、僕があえてゆっくり話すように意識していたケースがあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サービスが愛だと言うのなら

黒ワイン

かつて一流レストランでサービスマンとして働いていた、noteでも人気のクリエイター・黒ワインさん。cakesの連載では、サービスの仕事で培った「目の前のお客様を幸せにする」ためのスキルを、恋愛のコミュニケーションに活かす方法をお教えします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gibbous_leo ▶️ 歩調を合わせることもコミュニケーション… https://t.co/gv2C7Z6HdP 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mabonako こんなこと考えてLINEするとか面倒くさくない?? |黒ワイン @vino_cavolfiore |サービスが愛だと言うのなら https://t.co/wD8QIxIsZV 5ヶ月前 replyretweetfavorite

vino_cavolfiore 今回はテクニックに全寄せしました。一言だけの会話でも意識すると良いことを書いています。 |黒ワイン @vino_cavolfiore |サービスが愛だと言うのなら https://t.co/FBV13LO04M 5ヶ月前 replyretweetfavorite