電子レンジで蒸し器と遜色ない魚の蒸し物がつくれる!

今日ご紹介するのは「サーモンの清蒸」です。魚と一緒に玉ねぎ、生姜、調味料を電子レンジにかけ、熱した油をかければ完成する、とても手軽につくれる魚の蒸し物です。おいしい蒸し汁と絡めてどうぞ!

アジア圏には魚を蒸した料理が多くあります。魚は水分量が多く、火が通りやすいので蒸すという調理法は合理的。しかし、一般的には「蒸し器がない」などという理由でハードルが高い印象があります。

じつは「蒸す」という調理法は熱い水蒸気を介して、素材に熱を与えるものなので、蒸し器がなくても簡単にできます。フライパンでもできるのですが、今回は電子レンジを使ったレシピをご紹介します。味は蒸し器を使ったものとまったく遜色ありません。

蒸す、という加熱は100℃以下なので、香ばしさが出ないという弱点があります。ここでは熱くした油を仕上げにかけることで、それを補います。あっさりとした味付けで魚の持ち味を生かしましょう。

サーモンの清蒸

材料(2人前)

サーモン(切身)…2枚
塩…ふたつまみ
玉ねぎ…¼玉
生姜…1片(10g)
醤油…小さじ1
酒…小さじ1
サラダ油…大さじ½
ごま油…大さじ½
香菜やイタリアンパセリ…適量

1.レンジにかけられる皿に皮を下にしたサーモンの切り身をのせ、ひとつまみずつ塩を振る。上に玉ねぎの薄切りと生姜の千切りをのせ、醤油と酒を半量ずつかける。

2.ふんわりとラップをかけ、600wのレンジで2分45秒〜3分かける。そのあいだにサラダ油とごま油をフライパンで熱する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません