結婚して子供を産んだからわかる、曾祖母のこと

としょさん(曾祖母)を土葬したお墓の上に、今では立派な墓石が立っています。数十年経ってもお線香をあげるたび、としょさんに語りかけるえむさん。100年以上に渡って描かれたとしょさん編、完結です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takkyems 終わってしまった😭 最後の2ページで泣いた 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Yopikochume 家族のことを思い出す、このシリーズ 胸がほっこりして そして切なくなって 大事なものを思い出せて好きです。  6ヶ月前 replyretweetfavorite

yanabo いまから100年後、この時代のことを誰かがこうやって伝えるんだろうな。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

SnowPrairie あの世とこの世は住んでいる世界はちがうけれど、脈々と繋がっているのをそっと教えてくれました。 日暮えむ| 6ヶ月前 replyretweetfavorite