就職氷河期を救え!#11】ひきこもり支援の最前線

50歳を超え始めた就職氷河期世代。80歳の親が50歳の子の面倒を見る、いわゆる「8050問題」を前に、ひきこもり支援の問題を考えます。

 「20歳前後の若者と一緒に仕事をすることになるかもしれない。自分はこんなことをするために入社したわけではないと思うときがあるかもしれない。大切なのは柔軟性。そして楽観的であること」

 2019年11月、さいたま市内で開かれた、就職氷河期世代を対象とした合同企業説明会。30代から40代の参加者は講師からそう心構えを説かれていた。埼玉県内の企業81社が参加した会場内で、真剣な面持ちで聴いていた参加者の一人が47歳男性のAさんだ。何とか就職の手がかりになればと思い、会場を訪れていた。

 1997年に明治大学政治経済学部を卒業。新卒の就職活動時は公務員を狙ったが、当時、採用を絞る民間企業に見切りをつけた大学生が、公務員試験へと大量に流れ込んでいた。高倍率に阻まれ合格できなかったAさんは卒業後、コンビニでアルバイトをしながら就職の機会をうかがう。

 30代に入ってから、一念発起して弁護士への道を切り開こうと、法科大学院に入学した。ところが時を同じくして親が病に伏し、介護がのしかかった。しだいに、家にひきこもりがちになり、司法試験に合格できぬまま40代となる。司法書士事務所に勤めながら司法試験の勉強を続ける方策も考えたが、履歴書を送っても返信が来ないことのほうがいつのまにか多くなっていた。

 合同企業説明会に参加したのは、法律の知識を生かせる職種があるかもしれないと考えたからだ。しかし、期待は外れた。企業の担当者からは「求めているのは法律の知識ではない」「法律より、SE(システムエンジニア)の経験がある人が欲しい」などと返された。説明会は貴重な機会だったが、結局Aさんは糸口すらつかめず、会場を後にした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません