就職氷河期を救え!#9】正社員だけが道ではない 就農で大成功の例も

日本型雇用慣行に漏れてしまった就職氷河期世代。そんな中でも正社員にこだわらず、独自の道で成功した人たちもいます。

〔就労支援④〕正社員化だけが道ではない

雇用社会の外で生きる 就農で大成功の例も

 新卒一括採用で学生をゼロから育て、互いに競わせて将来の経営幹部を選抜していく日本型雇用慣行。バブル崩壊後の不況時に学校を卒業したため、このレールに乗り損ね、排除されてしまったのが氷河期世代といえる。

 であれば、正社員にこだわり続けるのではなく、企業の雇用社会の外で生きる道を探すのも、1つの選択肢となるだろう。自営業には定年がなく、老後の生活を築きやすいという利点もある。

 そうした中で近年、注目されているのが農業などの第1次産業だ。農村の閉鎖性は依然として強いものの、高齢化による担い手不足に危機感を抱き、地域が一体となって新規就農者へ門戸を開くところは全国的に増えている。研修・教育の実施から農地確保の支援、多方面の資金支援と、その内容は至れり尽くせりだ。就農支援に積極的な大分県を訪れた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません