就職氷河期を救え!#8】氷河期向けの制度が充実 使い勝手は格段に向上

実はさまざまな支援が行われていた、政府の就職氷河期世代対策。それでもなぜ状況が改善しないのでしょうか。

〔就労支援③〕企業向けの助成金や新施策が満載

氷河期向けの制度が充実 使い勝手は格段に向上

人事ジャーナリスト・溝上憲文

 政府の就職氷河期世代の支援策は今回が初めてではない。2003年の「若者自立・挑戦プラン」に始まり、12年以降もフリーターやニートを企業が正社員として雇用するための、さまざまな支援策が打ち出された。

 その1つがハローワークなどを通じて原則3カ月のお試し雇用をする事業主に助成金を支給する「トライアル雇用助成金」(月額4万円)だ。13年度にスタートし、14年度は4万人超が利用したが、17年度は約2・4万人と減少傾向にある。どれだけの助成金が支給されたのかを示す執行額も減少。予算額に対する執行額を示す執行率も30%台〜70%弱と低迷する。

 問題点はそれだけではない。日本総合研究所調査部マクロ経済研究センターの下田裕介主任研究員は「対象者の内訳を見ると、氷河期世代の就業困難者として想定される『2年以内に2回以上離職または転職を繰り返している者』『離職している期間が1年超の者』はいずれも全体の1割にも満たない。多くを占めるのが『就労経験のない職業に就くことを希望』。つまり転職支援での利用が多く、就業困難者に支援の手が届かなかった」と指摘する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません