就職氷河期を救え!#6】「名ばかり正社員」にご用心

正社員と非正規雇用というくくりはもう古いのかもしれません。今や大手企業を除くほとんどの会社が「名ばかり」化しているといいます。

人手不足業界を中心に蔓延

「名ばかり正社員」にご用心

ジャーナリスト・藤田和恵

 千葉県の高齢者施設で働くタクマさん(43、仮名、以下同)は、約束の時間に1時間以上遅れて現れた。「夜勤スタッフが急病で、代わりを探していたんですが、この後、私が戻ります」。

 勤続5年目の正社員で、肩書は「管理者」。ただ人手が足りないので、経理やシフト作成といった管理業務に加え、介護や送迎もこなす。この日のように、急きょ夜勤に入ることも、たびたびあるという。

 ただ、残業代などが支払われたことはない。月収は18万円。時給に換算したら、確実に最低賃金を下回る。

 大学卒業後、ずっと正社員として働いてきた。そのほうが身分も待遇も安定すると思ったからだ。しかし、営業ノルマの厳しさなどで、何度かの転職を経験した。介護の世界も想像以上にきつかった。

 最近ネット上で、以前勤めていた会社が契約社員を募集しているのを見つけた。「まさに私の担当していた業務で、複雑な気持ちになりました。正社員にこだわるのはやめます」とタクマさんは言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません