就職氷河期を救え!#5】こじらせた氷河期世代にはメンタルケアが欠かせない

本格化しつつある氷河期世代の正社員採用支援ですが、実際には多く人がそこに加われずにいます。そんな彼らをどのように支援していけば良いのでしょうか。

〔就労支援①〕正社員就職の土台づくり

こじらせた氷河期世代にはメンタルケアが欠かせない

 2019年11月15日のお昼すぎ、埼玉・大宮ソニックシティの展示場は、中年男女の熱気であふれかえっていた。この日開かれた埼玉県主催の「30・40代でも大丈夫! 正社員になろうプロジェクト」の就職氷河期世代合同企業説明会に223人の求職者が集まったのだ。

 フリーランスでウェブ関連の仕事をする47歳の男性は「私の年齢ではそもそも正社員募集に応募するのが難しい。こうしたイベントは大歓迎だ」と笑顔で話す。

 合同説明会には、中小企業を中心に81社が参加。中には上場企業で医療事務・介護大手のニチイ学館やSOMPOケア、警備のALSOK埼玉、カー用品チェーンの埼玉イエローハットなど知名度の高い企業も含まれていた。

 プロジェクトの最大の特徴は、企業は応募書類だけで選考せず、希望があれば、必ず面接を実施することだ。新卒就活時に書類選考で落とされ続けた経験を持つ氷河期世代には、心理的なハードルが低くなる。求職者は、興味のある企業のブースで事業内容などの説明を聞き、最後に面接希望の企業名を事務局に伝える。後日、それを基に各社で面接が実施され、19年末までに46人の正社員就職が決まった。参加者のざっと2割が採用された計算だ。

 説明会を主催した埼玉県の石井順子・産業労働部雇用労働課主査は、「プロジェクトの反響は大きく、現在追加で求人情報提供や企業とのマッチングを行っている。20年度以降も支援を続けたい」と話す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません