睡眠の大切さ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第4章 小学生時の過ごさせ方

【健康管理】 勉強ができる子にしたいなら、とにかくたっぷり寝かせる

脳も体も日々発達している子どもにとって、良質な睡眠をたっぷりとることはとても大切です。
勉強ができる子にしたいなら、たっぷり寝かせること、といっても過言ではないと思います。
大人である私自身も、睡眠不足になるとすぐに調子が悪くなるため、我が家では早寝早起きに昼寝をプラスするなど、親子でなるべく睡眠を多くとるように気を配ってきました。

小学校低学年から中学年までは、夜9時半には寝かしつけました。  
ベッドに入って読み聞かせが終わったらすぐにぐっすり眠れるよう、学校の休み時間や放課後は体をいっぱい動かす遊びをすすめていました。
学校から帰宅して宿題が終わったあとも、外に飛び出して友だちと公園で思い切り遊んでいたものです。

「今日はちょっと疲れていて眠そうだな」と思ったときは、学校が終わったあと少しだけお昼寝をさせて、夕方から勉強をさせたこともよくあります。  
お昼寝しないときは、早めにお風呂に入れて眠気をとってから勉強させたほうが、集中できました。  
習いごとがあるときは、移動中の車の中で10分でも寝かせます。私自身も疲れをとるために、子どもを待っている間、車の中でお昼寝をすることもありました。

一番やっかいだったのは、長男と次男でお昼寝の時間差があるときです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【#cakes 連載第25回目 ‼︎】 ✒️ 第25回目は、『#睡眠 の大切さ』です。 是非ご覧ください😊 https://t.co/poWXcgbft0 #たかせみほ #昼寝 #良質な睡眠 https://t.co/RNm6pvE5uq 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tamatebako_kou 睡眠についてもっと大人も理解を深めたほうが人生が楽しくなりそう。■ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite