マンガにアニメに鬼ごっこ—子ども達と過ごした年末年始

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装が趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた……。今回は、仙田さんがコロナ禍のもとで過ごした初めての年末年始を振り返ります。

コロナ禍のもとでの年末年始


写真ACによるirumamさんの写真

今年の年末年始は一瞬で終わってしまった。
時間の流れ方は不思議なもので、やるべきことがたくさんあると、そのときには時間が早く経つように感じられるが、後になれば長い時間が経ったように思える。
逆に、やることがほとんどない場合には時間はなかなか進まないが、振り返ると一瞬で過ぎたように感じられる。
年末年始の時間の経ち方はまさに後者だった。

忘年会、実家に帰る、親戚と会う、友達と遊ぶ、初詣、初売り、新年会……。
毎年当たり前のように行っていたことができなくなり、多くの人がいつもと違う年末年始を過ごしただろう。

私も例年通りなら、東京にある元妻の実家へ子どもたちを連れて行き、数日間はひとりでのんびり過ごすはずだったが、今年は京都の自宅からほとんど出ないで過ごした。
長女の通う小学校が12月24日から冬休みに入った後も28日まで学童保育に通わせていたので、子どもたちの休みは29日から。
私は30日まで仕事をしていたので、31日から休むことにした。

私の仕事は自宅で文章を書くことだ。
小説や、この連載や、Webメディアの記事などを書いている。
文章を書くことは子どもの頃から好きだったので、ほとんど苦にならない。
お金をもらえなくなり、他の仕事をせざるを得なくなっても書くことはやめないだろうから、書くことだけで生活ができていることがとてもありがたく思える。

お金とは関係がないところで書くことが好きなんだから、年末年始も仕事をしているんだろうなと思っていたが、31日になるとパソコンの前に座る気力がなくなった。

マンガやアニメが大好きな子ども達


写真ACによるありさんさんの写真

大掃除をするつもりでもあったが、子どもたちと一緒におもちゃ箱の整理をしただけで力尽きてしまった。
夕方になり、ようやく気分が休みモードになってきたので、GEOにマンガを借りに行くことにした。
『約束のネバーランド』が気になっていたので10巻まで借りて、帰りにスーパーで食材を買って帰った。

豚汁を作って食べてお風呂に入ってからは、子どもたちと一緒にアニメを観てだらだらと過ごした。
去年の夏頃に『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を観てから私は京都アニメーション制作のアニメ作品が大好きになり、子どもたちと一緒に順番に観ていった。
『聲の形』、『たまこラブストーリー』、『たまこまーけっと』、『けいおん!』、『劇場版ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン』、『響け!ユーフォニアム』……どの作品も素晴らしく、気に入った回は繰り返して観た。

京都アニメーションの作品の魅力は、丁寧で繊細な作画と演出だ。
キャラたちの、主に思春期特有の複雑で言語化しづらい感情が、セリフや月並みな演出ではなく、ちょっとした仕草や表情、情景描写などで表現されている。
そうした表現に触れて、言外に読み取れる意味をあれこれ想像するのが楽しいのだが、それを子どもたちと共有できることはさらに嬉しい。

特に長女は文脈を読み取る力をある程度持っているので、そういう会話をしていると盛りあがる。
たとえば映画『劇場版鬼滅の刃』を観に行った帰り道に、長女はこう言った。
—最後のほうでカラスの目に涙が流れてたやん、あれマンガではなかったよ。
映画の結末近くで、確かにそのカラスが目に涙を浮かべていたことを私は思いだした。
家に帰って原作マンガを確認してみると、カラスの目に涙は描かれていなかった。

このように私も気づかなかった細部に着目していることが多いので、アニメを一緒に観ながら長女と話していると楽しいのだ。
最近も、『響け!ユーフォニアム』をみていたときのこと。

この作品では、全国大会への出場をめざす吹奏楽部の女子高生たちの人間関係が主に描かれる。
そのなかのひとりが顧問の先生に妻がいるのかどうかを気にするシーンの後に、先生が1枚の写真を見ながら微笑むカットが一瞬だけ映った。

すると長女が、
—……事故?
と呟いた。

しばらく観ていると、なんと先生には妻がいたが、病気で亡くなっていたことがわかった。
事故ではなかったが、「先生には妻がいたが亡くなった」ということを、長女は一瞬だけ映った写真のカットから推察したのだ。

—よくわかったね。
—だって写真見てる場面が前にもあったから。それだけ気にして見てるってことは、奥さんの写真かなと思った。
確かにそんなシーンがかなり前のほうに2回ほどあったのは覚えているが、私は「何の写真かな」くらいにしか思わなかった。
後にでてくるエピソードと結びつけて写真に誰が写っているのかを推察するところまでは頭が回らなかった。

同じものを見ていながら、私には気づくことのできなかった文脈を長女がそこに見いだしているということを、私は驚きとともに頼もしく思った。
与えられた世界のなかで、私の力を借りなくても自分で道筋を発見して辿っていくことができれば、私に何かあっても、いつか私がいなくなっても、生きていくことができるだろう。
そんな予感を抱いたのだ。

アニメだけでなく、借りてきた『約束のネバーランド』もそんなふうに子どもたちと感想を伝えあいながら楽しんだ。
他には、すごろくやトランプをして過ごした。
複雑なゲームのルールも1回教えただけですぐに覚えてしまい、できるゲームの幅が広がったし、私がつきっきりでなくてもふたりで長い時間遊んでいられるようになった。
子どもたちは1月5日まで休みだったので、6日間久しぶりに3人でゆっくりと過ごしてみて、普段ならなかなか気がつかないような子どもたちの変化に触れられた気がした。

6人の子ども達と鬼ごっこ

そして冬休み最終日の5日、子どもたちは近所の友達と遊んでいた。
3年前に京都に引っ越してきていらいの友達で、気心の知れた幼馴染の子たちだ。
家の前の道で鬼ごっこをしたりボール投げをしたり、かと思えば家に入ってきておもちゃで遊んだり、子どもたちは気まぐれに遊んでいたが、しばらくすると声が聞こえなくなった。

様子を見に外へでると、友達の家の前で子ども達が集まって何か話しあっている。
自転車でちょっと遠くの公園まで行こうとしているらしい。
行ってもいい? と長女が聞いてくる。
いいけどパパも一緒に行くわ、と私は答えた。

去年の秋に行われた学級懇談会で、子どもをひとりでどこまで遊びに行かせるべきか、という話題がでた。
2年生になって行動範囲が広がり、隣町や少し離れた町の友達と待ちあわせて遊ぶ子も増えているらしい。
小学生のお子さんのいる先生も、「すごく不安だったけど、子どもを信じて送りだしました」と仰っていた。
「心配だけど5時までにはちゃんと帰ってくるから……」と言いよどむ保護者もいた。

長女はまだ、ひとりで遠くまで遊びに行かせることはしていない。
ひとりで行動していいのは家の前の通り50メートルほどだけと約束していて、曲がり角を曲がってさらに遠くまで行くときには私がついていくことにしている。
3年生か4年生には私抜きで遊びに行くようになるんだろうな、と思っているが、まだしばらくは付き添っているつもりだ。

公園に行くと言いだしたのは1年生の男の子だった。
場所を聞いても「右に行って、左に曲がって、ずーっと真っすぐ行ってまた曲がったところ」というような説明で要領を得ない。
とりあえず彼を先頭にして皆で自転車で移動することにした。

保育園年長組の次女を自転車の後ろに乗せた私が最後尾を走り、前には長女を含めた6人の子ども達が自転車で進む。
1年生がふたり、2年生と3年生がひとりずつ、4年生がふたり、というメンバーだ。
先頭を飛ばしているのは1年生の男子ふたりで、長女は一番後ろで一生懸命漕いでいる。
3年生や4年生の子たちが長女を気にかけてときどき後ろまで戻ったり、また前に進んだりしてくれるのが優しい。

最初は固まって移動していたのが、そのうち数百メートルほどに広がって進みだす。
先頭の子たちはやがて見えなくなった。
隣を走っていた小4の子が、「ここ校区外やん」と慌てたような声をだした。
子どもたちだけで遊びに行けるのは校区内だけだと学校から言われているらしく、前に知らずに校区外にでて母親から怒られたことがあるらしい。
そんな決まりを初めて知った私は「まあ、大人がひとりいるしええんちゃう」と返した。

かれこれ30分は走っただろうか、ようやく公園らしきものが見えてきた。
特に広くもなく、滑り台やブランコのあるありふれた公園だ。
子ども達は自転車を停めると一ヶ所に集まり、
「オニゴ(鬼ごっこ)やろう!」
と叫びだした。
汗びっしょりになり、太ももに鈍痛を感じていた私はベンチで休もうとしたのだが、小4の子に「お父さんもやろう!」と誘われてしまい、仕方なく仲間に入った。

子ども達のほうがはるかにすばしっこく、スタミナもあって、私はすぐにタッチされてしまうし、捕まえようとしても追いつけない。
何度も全力疾走しているうちに息が切れて、肺が痛くなってきたので、30分ほど経ったところで私は離脱した。
子ども達はさらに2、30分ほど鬼ごっこを続けていたが、16時になると習い事のある子が帰ると言いだし、お開きになった。

ふたたび30分間自転車を漕いで家に帰ると、私は電気カーペットの上に倒れこんだ。
—鬼ごっこするだけなら、近所の公園でよかったやん。
強くそう思った。

(協力:アップルシード・エージェンシー


◆ 次回は2021年1月27日(水)公開予定

*本連載が『ときどき女装するシングルパパが娘ふたりを育てながら考える家族、愛、性のことなど』(WAVE出版)として、11月17日に発売されました。
◆全国書店、オンライン書店にて好評発売中です!

この連載について

初回を読む
女装パパが「ママ」をしながら、家族と愛と性について考えてみた。

仙田学

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた。仕事と家事・育児に追われる日々、保育園や学校・ママ友との付き合い、尽きることのな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sendamanabu cakesの連載。今回は、コロナ禍のもとで過ごした年末年始の出来事を振り返っています。 https://t.co/JVCy3fAyZA 約5時間前 replyretweetfavorite