小学校で「インバウンド・マーケティング」をやってみた vol.3

魅力ある小学校として生徒増をはかるために動き出した美浜南小PTA。その方策として川上慎市郎さんが考えたのが「災害時にも機能する、webを活用した連絡システムの構築」。綿密に準備をした川上さんの提案は諸手を挙げて受け入れられるかと思いきや、意外な猛反対に遭い……。マーケティングのアイデアを実現するために一番必要なこととは? かたい頭を柔軟にしてくれるマーケティング論、小学校PTAの挑戦シリーズ3回目です。

前回、マーケティングでユーザーの典型的な情報源や購買行動のパターンをモデル化する「ペルソナ法」を用いて、子供の転入学先の小学校を検討する保護者が、ウェブとクチコミで情報を集めている実態を明らかにした話をしました。その結果、より多くの生徒を集めるためには、検討中の保護者に対して直接インターネットで情報発信を行うだけでなく、今在学中の生徒の保護者に対しても「よそと比べて魅力的な学校だ」と感じてクチコミしてもらえるような工夫が必要だということが分かってきました。

そこで私が考えたのが、「PTA自身が、学校と保護者の間のITによるコミュニケーションのシステムを構築する」というアイデアでした。

実はインバウンドマーケティングの検討を進める前に、このアイデアの元となった、ある出来事がありました。それは、PTA会長になってすぐの私に、当時の教頭先生が「PTAとして、学校のIT活用を手伝ってくれませんか」と耳打ちしてきたことでした。

災害時に機能する「情報システム」を作れ!

皆さんもご存じのように、ちょうどその年の春、3月11日に東日本大地震が起きました。当日は都心に勤務する保護者の多くが帰宅困難に陥る一方、災害時の避難場所に指定されていた小学校には児童とその家族だけでなく、周辺の地域住民やたまたま近隣にいた観光客など多くの人が避難して来たため、深夜まで混乱が続きました。

しかし、小学校の電話回線は当然ながらパンクしてつながらず、学校からの緊急連絡メールで「子供たちは皆無事です」という連絡が来た以外、保護者はほとんど何の情報も得られませんでした。

地震当日の混乱が収まったあとも、水道管が破損して水の出なくなった住民向けに、小学校の校庭に自衛隊の給水車が来て給水活動なども行われました。しかし、学校の公式ホームページには「当面休校します」以外の情報が一切掲載されておらず、給水車の動向や地域内の安全情報なども保護者や地域住民にはまったく伝わりませんでした。

こうした状況に危機感をもった教頭先生が、「PTAで、いざというときの学校からの情報発信を請け負う体制を作ってほしい」と私に伝えてきたのです。

私はそのとき、「これは大変なチャンスだ」と思いました。というのも、それまで小学校のIT活用は上述のように不十分であるだけでなく、PTA自身がその取り組みから完全に「カヤの外」でもあったからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ohjimsho 午後お目にかかる川上慎市郎さん、まさに「紙→web」問題に取り組んでいらした方でした…! /  3年以上前 replyretweetfavorite

m_um_u PTAほか学校系て無駄に紙にたよりそうだぬ( ^ω^)・・・【第29回】 4年以上前 replyretweetfavorite

s_iwk 【第29回】 4年以上前 replyretweetfavorite