パートナーの欠点にイラっときたら、別れる前にやるべきこと

一流レストランでサービスマンとして働いていた黒ワインさんが、サービスの技術を恋愛のコミュニケーションに活かす方法を教える連載。人には必ず欠点があります。パートナーと長く一緒にいると、前は気にならなかった欠点が目につくようになることもあるでしょう。そんな欠点にイラッとしたとき、改善を迫ったり別れたりする前に、まずは一呼吸おいて、今日の黒ワインさんの話を思い出してみてください。

「結婚前に同棲をした方がいい」という意見って、昔からありますよね。

その理由として、「一緒に住まないと分からないことがたくさんある」ということがよく挙げられます。この「分からないこと」って、だいたい短所のことだと思うんですよ。

「ケンカになると絶対に自分からは折れてくれない」とか、「休みの日にずっと家でのんびりしてる」のように、相手の気に入らない部分が目につくようになってくる。

今みたいなコロナ禍では、外に出かけて新しい刺激を求めづらいので、悪い点ばかりが目立ってしまうこともあるでしょう。

だからといって、その欠点について「お願いだからなおしてよ」と言っても、人はそんな簡単に変われるものではありません。

結局イライラは募るばかり。別れようかと思うことにもなるかもしれません。でも少しだけ待ってほしいんです。そんな気持ちになってしまったときに、思い出してほしい話を今回はしたいと思います。

ソムリエはワインの悪口を言わない

レストランサービスをする上で欠かせないパートナーが、ワインです。美味しい料理をさらに生かすことも殺すこともできてしまう、そういう存在です。

皆さん、ワインを飲んで「これ、美味しくないな」って思ったことはありますか? 正直なことを言うと、僕は結構あります。

ワインというのは、多くの作り手がそれぞれ独自の工夫をこらしてつくっています。だから、自分の口に合わないものと出会うこともあるんですよね。僕みたいに仕事で年間に数百種類以上飲んでいれば、なおさら苦手な味のワインに触れる機会は増えます。

でも「ソムリエ」としての僕は、「このワインは美味しくない」とは言いません。ましてや「マズい」なんて口にすることは決してありません。

ワインの原材料はブドウだけですが、果汁を放置していれば勝手に生まれるという性質のものではありません。そこには多大な人の手がかけられていて、ありったけの人の想いが込められています

つまり、ワインは農家さんにとっては我が子のようなものと言ってもいいかもしれません。そういう商品であるワインに対して、ワインのナビゲーターであるソムリエが、けなすような言葉をかけるのはなんだか気がすすまないのです。

でもワインの中には、お客様に受け入れられづらい味のものがあります。たとえば極端に酸っぱいとか、すごく渋いとか、ですね。出すお客様を間違えると「何この美味しくないワイン」と言われてしまいかねません。

あるとき、輸入会社の営業マンが有機農法でつくられたワインを持ってきました。試してみると、味はすごく厚みがあって余韻も長く、美味しいと感じられました。ですが、ワインを飲んでいる僕の中に、明らかに生まれてきた言葉がありました。

そのワイン、臭いんです。

腐葉土みたいな匂いがあって、飲み干したグラスにもそれがはっきり残ります。栓を開けてから数日経てばその臭さはやや収まるものの、ワインの美味しい味わいも一緒に抜けてしまいました。それでは意味がありません。

しかし、そのワインを一緒に試飲していた店長が言ったんです。「これ、野菜の前菜に合わせたら美味しいんじゃないの?」。

僕らはシェフにお願いをして、その前菜を用意してもらいました。

ワインを注ぎ、口に含む。やっぱり臭い。その後に前菜を一口食べる。ここでちょっと不思議な感じがしました。まず、野菜の香りがいつもより強く感じられたんですね。あれ、と思いました。

まさかと思い、ワインをまた口に含んでみます。さっきまで気になっていたその土臭い匂いは、野菜の香りと一緒になることで中和され、家庭菜園の中にいるようなまろやかな印象になりました。

これまで飲んできたワインとの組み合わせでは、このような香りの変化は感じたことがありません。まさにこの前菜とワインとの組み合わせは、「土臭い」香りがするものだからこそ、なし得たペアリングでした。

一見、欠点に思えるものでも、状況次第では一気に魅力に変わるんだと気づかされた出来事でした。僕はそれ以来、美味しく思えなくても、よさが見つかりにくくても、それを活かせる舞台がどこかにあるのではないか、という視点でワインを見るようになりました。

「欠点」を「長所」に転換してみると人の魅力に気づく

僕は世界中のワインを飲んだわけではありませんが、完璧なワインはおそらくありません。何かしらいいところがあれば、そうでないところもあるのがワインです。

でも人間も同じですよね。完璧な人はいません。他人の「欠点」は嫌でも目につくし、それを変えようと思っても難しいことの方が多いと思います。

だから、その「欠点」を無理に直そうとするのではなく、活かせる場面を考えてみてほしいんですね

「ケンカで折れてくれない」は、見方によっては頼もしい存在になります。何か二人で解決しなければいけない問題にぶつかったときに、最後まで頑張りぬいてくれると思います。

「のんびりした人」は、疲れてイライラした状態のあなたを優しく労ってくれるかもしれません。慌ただしい人と一緒にいては心も休まらないでしょう。

欠点が見えると、芋づる式に過去の悪いことばかり思い出しがちですが、それが魅力に見えた瞬間もきっとあったはず。そういう場面を思い出してみてほしいんですよね。きっと自分のパートナーの魅力を再認識して、また今までの楽しいふたりの時間に戻ることができるはずです。

長くなりましたが、最後に一つ、とあるエピソードを添えさせてください。僕が尊敬しているソムリエに、佐藤陽一さんという方がいます。過去には全日本最優秀ソムリエに選ばれ、世界最優秀ソムリエコンクールの日本代表にもなった方です。今は「マクシヴァン」というレストランを六本木で開いていらっしゃいます。

そんな素晴らしい方が、僕の在籍していた大学に講義に来てくださったことがありました。そのときの佐藤さんの言葉を紹介して、今回の記事を締めたいと思います。

「僕は、すごくビビりなんですよ」

「だから接客の仕事をしてても、いつもドキドキしてしまう。そういう意味では向いてないのかな、って思ったこともありました」

「でも、ビビりだからこそ、『あそこのテーブルで何か足りないものないかな』とか『あのお客様楽しく過ごされてるかな』とかいつも考えるんですよね。だからビビりでよかったなって

自らの欠点を長所だと考えている。佐藤さんがソムリエとして信頼される所以は、こういうところにあるのかなと思います。

あなたとあなたのパートナーが、お互いの魅力を常に見つけられる関係でありますように。ではまた。


この連載の書籍化を希望する出版社を募集しています!
(お問い合わせは info@note.jp まで)


接客についての話をもっと読みたい方は、黒ワインさんのnoteもあわせてぜひ。

この連載について

初回を読む
サービスが愛だと言うのなら

黒ワイン

かつて一流レストランでサービスマンとして働いていた、noteでも人気のクリエイター・黒ワインさん。cakesの連載では、サービスの仕事で培った「目の前のお客様を幸せにする」ためのスキルを、恋愛のコミュニケーションに活かす方法をお教えします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

darling00000000 欠点は長所にもなる\( ö ) 約19時間前 replyretweetfavorite

gibbous_leo ▶️ 難ありに見えても長所に変換できる…ワインと料… https://t.co/FCFqE6i66o 2日前 replyretweetfavorite

reabear 耳が痛い笑 3日前 replyretweetfavorite

fuckreallife_me たとえば極端に酸っぱいとか、すごく渋いとか、ですね。出すお客様を間違えると「何この美味しくないワイン」と言われてしまいかねません。 https://t.co/wyvORci4SA 3日前 replyretweetfavorite