cakesの人気連載「桃山商事の恋バカ日誌」書籍化第2弾発売のおしらせ

cakesの人気連載「桃山商事の恋バカ日誌」の第2弾書籍『どうして男は恋人より男友達を優先しがちなのか』が1月17日(日)に発売されます。

恋バナ収集ユニット・桃山商事によるcakesの人気連載「桃山商事の恋バカ日誌」の第2弾書籍が、イースト・プレスから1月17日(日)に発売されます。

タイトルは『どうして男は恋人より男友達を優先しがちなのか』。ホモソーシャル問題、セックスのサイン、別れない理由、クソLINE、恋人の裏アカなど、cakesに掲載された人気記事をベースに、加筆修正して構成されています。

社会学者・富永京子さん、臨床心理学者・東畑開人さんとの対談も収録。全304ページと、読み応えのある1冊となっています。Amazonほか全国書店でお買い求めいただけます。

目次

1 恋愛のサイン
2 秘密と嘘
3 恋人の友達
4 男らしさクライシス〜ダサいをめぐって
5 恋愛と軽率
6 男が知らない生理のハナシ
7 恋愛とわがまま with 冨永京子
8 恋愛の貸し借り
9 隣にいるのに遠くに感じる
10 別れない理由
11 恋愛とコスパ with 東畑開人
12 #stayhomeの恋愛事変


著者・桃山商事さんからのコメント

この本のタイトルは、次のように振り仮名をつけて読んでほしいと思っています。

「どうして男(あいつら)は、恋人より男友達(ホモソーシャル)を優先しがちなのか」

ホモソーシャルとは、男同士の絆や連帯を意味する言葉です。普段は優しくて紳士的なのに男友達の前になると急に「お前」と呼んでくる、地元の友達とのフットサルとその打上げに付き合わせることを「デート」と認識している、コロナ禍なのに男友達と飲み歩いている……カレシや夫のこういった振る舞いにモヤモヤしたことがある方は、ぜひお手に取ってみてください。

また、最終章では「#stayhomeの恋愛事変」というテーマで、緊急事態宣言下の恋バナを紹介しています。掲載しているエピソードは昨年春に収集したものですが、図らずも今こそ読んでもらいたい内容になっています。

桃山商事さんプロフィール

清田隆之(代表)、森田雄飛(専務)、ワッコ(係長)の3人からなる恋バナ収集ユニット。 2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1200人以上の悩み相談に耳を傾け、それをコラムやラジオで紹介している。 著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)、『生き抜くための恋愛相談』『モテとか愛され以外の恋愛の全て』(イースト・プレス)がある。 2018年からcakesで「桃山商事の恋バカ日誌」を連載中。Twitter:@momoyama_radio  Facebook:momoyamacorporation

この連載について

初回を読む
cakesからのおしらせ

cakes編集部

cakesからのおしらせを掲載します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード