わかる日本書紀

手に入れた駿馬、一夜明けると魔法がとけて…【第21代⑫】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第3巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第21代、雄略天皇の御代のお話。

埴輪馬(はにわうま)の伝説

雄略九年七月一日、河内国(こうちのくに)から朝廷に、こんな報告がありました。
飛鳥戸郡(あすかべのこおり)※1の人・田辺史(たなべのふひと)※2ハクソン(伯孫)の娘は、古市郡(ふるいちのこおり)の人・書首(ふみのおびと)※3カリョウ(加竜)の妻になっていました。
ハクソンは、娘が男の子を生んだと聞いて、婿の家に出かけて行って祝いました。

月夜の道を、家に帰る途中、蓬蔂丘(いちびこのおか)※4の誉田陵(ほむたのみささぎ※応神天皇陵)のふもとで、赤馬に乗った人に出会いました。
その馬は、時に竜のようにおどり上がるかと思うと、鴻(おおとり)のように跳ねとびます。
その異様な体格は、峰のように立派で、秀逸でした。

ハクソンは、すこし近づいてこの馬を見て、心のうちに、これを手に入れたいと思いました。そこで、乗っている葦毛(あしげ)の馬に鞭(むち)を当てて、馬の頭をそろえ、轡(くつわ)を並べました。
すると、赤馬は跳びあがって、あっという間に跡形もなく駆け去り、葦毛の馬は遅れてしまって、追いつくことはできませんでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません