見る人をストーリーに引き込ませるキャラクターが持っているもの

誰もが発信する時代に、見てくれる人に興味をもってもらい、感動を生み出すストーリーの作り方を紹介する連載。第4回は、魅力的なキャラクターの作り方です。魅力的なキャラクターが持っているものとは一体何なのでしょうか?

第1章で、ストーリーに人を惹きつけるには「はたして主体は目的を達成できるだろうか?」というCQ(セントラル・クエスチョン)を魅力的にすることが重要で、そのためには主体と目的を魅力的にする必要がある、と書きました。この章ではいよいよ「魅力的な主体(キャラクター)」の作り方をご紹介します。


魅力的なキャラクターが持っているもの

皆さんは、「魅力的なキャラクターの条件」を5~10くらい挙げてみてと言われたら、どんなものが思い浮かぶでしょうか? 以下は以前に行なったワークショップで挙がったものです。

信念がある/仲間を見捨てない/諦めない/誰にも負けないものを持っている/弱点をさらけ出すことができる/周りに愛される/嫌われることを恐れない/世の中に迎合しない/ギャップがある/容姿が美しい/弱音を吐かない

ここにも表れているのですが、キャラクターの魅力を考えるときに重要なのは、魅力=長所ではないということです。時には大した長所を持っていないにもかかわらず魅力を感じるキャラクターがいます。また、あるストーリーでは弱音を吐かないキャラクターに魅力を感じたのに、別のストーリーでは弱点をさらけ出すキャラクターに魅力を感じるというように、相反する性質に魅力を感じることもあります。ケースバイケースで、ある性質がキャラクターの魅力になったりならなかったりするのはなぜでしょか?

それは私たちが性質そのものではなく、そこを起点にして見届けたくなるような期待をもてるかどうかでキャラクターの魅力を判断しているからです。『千と千尋の神隠し』で言えば、頼りなげだった千尋が次第に成長していく姿を見届けたくなります。大事なのは、ストーリーの中でキャラクターがどう変化するかに期待をもてるかどうかなのです。

長所(才能)がある → それが花開くのを見たくなる
短所(欠点)がある → それが克服されるのを見たくなる

というように、性質からそのキャラクターへの期待を抱かせることができるか。魅力的なキャラクターには期待をもてる、ということはぜひ覚えておいてください。


期待につながりやすいキャラクターの要素

では、どういう性質がキャラクターへの期待を抱かせるのでしょうか? キャラクターの性質について詳しくみていきましょう。ルックスや性格、職業などさまざまなものがありますが、大きくは外的な要素と内的な要素に分かれます。

外的要素:ルックス、体格、所有物、家族構成、職業、周りからの評価など
内的要素:価値観、知性の偏りなど

外的要素はわかりやすいでしょう。そのキャラクターの外見や肩書きなど外からみてわかる性質です。一方、内的要素について言うと「知性の偏り」は理系や文系、あるいは頭の回転が早いまたは遅いなど知能面の特徴のことです。

キャラクターを考えるうえで特に重要になるのは価値観です。私がキャラクターを作るときには「本当に求めているものは何か」と「恐れているものは何か」を深く考えるようにしています。表面上成し遂げたい目的ではなく、心の底で願っていることは何か、あるいは一番恐れていること、一番ネックになっていることは何か? そのキャラクターが持っている最も“切実な要素”を設定することで、それをどう達成するか、あるいはどう克服するかという変化への期待(=キャラクターの魅力)が増します。そしてキャラクターの魅力が増せば、ストーリーもまた引き込まれるものになっていくのです。


キャラクターの魅力を高めるもうひとつの方法

変化への期待がもてるとキャラクターの魅力が増すと書きましたが、キャラクターを魅力的にする方法はもうひとつあります。それはストーリー全体の期待をつくるCQ(はたして主体は目的を達成できるのか?)に対して、それぞれのキャラクターがどういう働きかけをするかに関係しています。

ここでは、一般的なストーリーにおいて、どういうキャラクターが存在しているかを確認しつつ、それぞれのキャラクターの立場で考えてみましょう。キャラクターの分類方法はいろいろありますが、私は以下の7種類に絞られると考えています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人の心を動かすストーリーの作りかた入門

たちばな やすひと

誰もが発信する時代に、どうやって自分の作品に興味をもってもらい、見る人の心を動かすことができるのでしょうか? 人はどんなストーリーに惹きつけられ、どういう時に感動するのでしょうか? Netflix『全裸監督』はじめ、数々の映画・ドラマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sabochin このシリーズをちょこちょこと読んでるんだけど、春死のCQってめちゃめちゃ作りにくいなって思ったんだよな 8ヶ月前 replyretweetfavorite