わかる日本書紀

行方不明の主人を追って死地へ【第21代⑪】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第3巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第21代、雄略天皇の御代のお話。

新羅征討の開始

雄略九年三月、天皇は、自ら新羅を討とうと思いました。神は、天皇を諫めて、
「行ってはならない」
と告げました。それで天皇は、行くことができませんでした。

紀のオユミ(小弓宿禰)※1蘇我のカラコ(韓子宿禰)※2大伴連カタリ(談)※3オカヒ(小鹿火宿禰)※4に命じて言いました。
「新羅は、西に国を建ててから代々、臣と称して、朝貢も欠かさなかった。私が天下の王となってから、身を対馬(つしま)の向こうに置いたまま、行いも匝羅(さわら)※5で隠し、高句麗からの貢ぎ物を邪魔し、百済の城を併合した。
それどころか、朝貢も怠っている。
狼の荒い心で、食べ飽きては去り、飢えてはやってくる。
お前たち四人の卿(まえつきみ)を、大将に任ずる。天子の軍勢を率いて、攻め討ち、天罰を下せ」
このとき、オユミは憂いて、大伴大連ムロヤ(室屋)を遣わして、天皇に陳情しました。
「私は、臆病者とはいえ、謹んでご命令をお受けします。ただ、現在、妻が亡くなったばかりで、私の世話をする者が誰もおりません。どうか、このことを天皇に詳しく申し上げてください」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません