パートナーの友人や家族からも愛される会話のコツ

一流レストランでサービスマンとして働いていた黒ワインさんが、サービスの技術を恋愛のコミュニケーションに活かす方法を教える連載。年末年始には、パートナーの家族や友人と会ったり、オンラインで話をする予定がある方もいらっしゃいますよね(今年は帰省を諦めた方も多いと思いますが)。今回は、そんなときにパートナーともそのコミュニティの人とも、たのしく会話をするためのコツをお届けします。

大人になると、新しいコミュニティに飛び込む機会って少なくなりますよね。前回の記事では、パートナーとのマンネリ打破には、積極的にお互いのコミュニティを行き来するといいとお伝えしました。でも、やってみたところで、うまくいかないことは結構あります。

「せっかく紹介してもらったけれど、話が続かないな……」なんてことは、よくありますよね。相手が何に興味があるか分からない中で、面白い話をするのは至難の業です。

かといって、盛り上がりすぎるのも玉に瑕(きず)です。女友達を彼に紹介して、自分の知らない話題で二人が盛り上がったりしたら、なんだかちょっと嫉妬しちゃいますよね。

そうならないように、誰かに紹介されたコミュニティの中でうまくやっていく方法っていくつかあるんですが、今回はその中でも一番大事なポイントをお教えします。

これは友達を紹介されるときだけではなく、パートナーの両親と会うときにも使える会話術です。まずは僕の接客のお話からどうぞ。

常連さんを差し置いてお連れ様と盛り上がるのは御法度

レストランに誰といらっしゃるかは、常連の方になればなるほど固定されていくことが多いです。ご夫婦だったり、いつも食事に出かけるお友達だったり、という感じにですね。

ただ、ときおり、常連のお客様がいつもと違うお友達を連れてお店にいらっしゃることがあります。お連れ様が新たな常連になってくださるかもしれないので、お店を気に入っていただけるよう、その方にも話しかけて仲良くなろうとします。

しかし、ここでやってはいけないことがあります。常連の方を差し置いて、お連れ様とだけで盛り上がることです。だいたいの場合、常連の方に「もともとは私が紹介したのに……」と退屈な思いをさせてしまうからですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サービスが愛だと言うのなら

黒ワイン

かつて一流レストランでサービスマンとして働いていた、noteでも人気のクリエイター・黒ワインさん。cakesの連載では、サービスの仕事で培った「目の前のお客様を幸せにする」ためのスキルを、恋愛のコミュニケーションに活かす方法をお教えします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kuro_dog すっげーいい事いう。これができる人、本当にいない。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kiko_0 めちゃくちゃその通りだけど日常でこれできる奴はまじでいね〜 3ヶ月前 replyretweetfavorite

gibbous_leo ▶️ 関心を持つことだったり思いやりだったりでしたが、「機… https://t.co/nZFiNEyrCZ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

vino_cavolfiore お正月でパートナーの実家に行く人がいましたらぜひその前にお読みください |黒ワイン @vino_cavolfiore |サービスが愛だと言うのなら https://t.co/CZnDvbxGvW 3ヶ月前 replyretweetfavorite