第30回:まとまったお金を投資するための条件

今週からはある程度まとまったお金で投資を行いたいかた向けのアドバイス! お金があるからといって油断は禁物です。投資をしたことがない人、元本割れが怖い人、貯金を目減りさせずに守りたい人、必読!  NHKあさイチ・TBSはなまるマーケット出演で人気沸騰の家計再生コンサルタント横山光昭さん著 「年収200万円からの投資生活宣言」からご紹介します。

まとまったお金を投資するなら
年収分の貯金が大前提

先週までの部分では、貯金と同じように毎月一定額をコツコツと投資していく、まさに「ちりも積もれば山となる」式の、低額から始められる投資についてお話ししました。
その最良の方法が、積立投信タイプのインデックスファンドというわけです。

今週からは、「1000円から始められる毎月積立型の投資」から一歩進んで、ある程度まとまったお金(100万円等)がすでにあり、それを投資してみたいという方におすすめの方法をご紹介していきます。

具体的な金融商品を紹介する前に、条件があることをお話ししておきましょう。
「まとまったお金の投資」の場合、低額を積み立てておこなう投資よりも、かなりハードルが上がります。
ですから少なくとも次の2つの条件をクリアしましょう。

条件1:年収分の貯金+年収の半分以上の余裕資金があること

低額を積み立てて投資する場合は、投資をスタートしてもいい条件として「年収の半分(6カ月分)の貯金があること」でした。
ですが、まとまったお金の投資の場合、少なくとも「年収分」が貯まっていることが大前提です。そして、年収の半分以上の余裕資金の中から、投資をおこなってください(余裕資金の全額を投資に回す必要はありません。その中の一部でOKです)。

たとえば、年収200万円の方なら、すでに200万円の貯金、それに加えて100万円以上の余裕資金があることが条件です。

ずいぶん厳しい条件だなあ、と思われる方もいるでしょうか。
脅すわけではありませんが、まとまったお金を投資するとなると、どれほどリスクが少ない方法を選んだとしても貯金とは異なり、ある程度の損失のおそれもあります。

そうなったとき、なんの余力もない状態でのぞんでは、生活を送ることができなく
なってしまいますよね。
そのための、最低限の防衛策なのです。
では、もう1つの条件とはなんでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
年収200万円からの<貯金>生活&<投資>生活宣言!

横山光昭

家計が毎月赤字でも収入が少なくても、お金は必ず貯められます!NHKあさイチでも紹介されて話題沸騰の家計再生コンサルタント横山光昭さんの新連載。90日貯金プログラムや「ショー(消費)・ロー(浪費)・トー(投資)」による使い方など一生モノ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tetsumi69 年収の1.5倍の貯蓄 4年以上前 replyretweetfavorite

discover21 TBSはなまるマーケット、NHKあさイチで大人気の家計コンサルタント横山光昭 @chokin_myfp さん連載 @cakes_PR 4年以上前 replyretweetfavorite