晩酌歳時記

第三十六回・茸

去年買ったシャツに袖を通したら若干腕が上がりにくい……瞬間思ったのは「天高く我肥ゆる秋」。そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。箱に入った松茸をスーパーで見かける度に、誰が買うのか不思議です。

茸・きのこ—山林の湿地や朽木などに生える高等菌類。椎茸や占地、エノキ茸などは比較的安価だが、松茸やトリュフ、ポルチーニ茸など著しく高価なものもある。毒性のあるものと無害なものの見分けは難しく、茸刈りの際は注意したい。

 畑らしい畑、山らしい山が生活圏内になかったため、キノコは野菜の一種だと思い込んで育ちました。野菜にしては色が地味だな、とか、なんかちょっと歯ざわりが違うなということは薄々感じていたけれど、理科の授業で「菌類」として登場した時は、裏切られた、と思いましたね。ビフィズス菌とか大腸菌とか、菌と言えば顕微鏡で見るものでしょ、あんな小さいものがあれだけ大きくなるって、どんだけはびこってるの。しばらくは料理に混入しているのを見かけては「菌類のくせに」と蔑んでいた気がします。
 ま、おいしいからいいんですけどね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jetym 晩酌歳時記|佐藤和歌子 5年弱前 replyretweetfavorite

wwwac_1980 〈食〉舞茸含有酵素→牛肉軟化! 為明日(食肉市場祭)舞茸購入済!“@IAmemiya: 菌類め、と蔑まれつつもおいしい仕事をする茸にぐっときました。” 5年弱前 replyretweetfavorite

IAmemiya 菌類め、と蔑まれつつもおいしい仕事をする茸にぐっときました。 5年弱前 replyretweetfavorite