癒し」は自分でつくってる・・・

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

いつどんな世の中であろうと、誰もがどこかで求めている「癒し」。それは、努力しなくては得られないものであっても、それを得たときの心の満足のために、人は永遠に求め続けるのでしょうね。

子供がまだ幼児の頃、うちに遊びにきてくださったご近所のマダム(私の母くらいの年齢のご婦人)が、

「ようこちゃんちには癒し要素が全てあるわ!」

とおっしゃっていました。

マダムが言うには、「犬と熱帯魚と幼い子供」が人を癒す三大要素らしく、その頃うちにはビーグル犬がいて、夫が趣味で熱帯魚を育てていて、2歳の息子がいました。

「旦那さんも幸せやね〜。」(関西出身の方です)

と・・・。

私は

「そうなんや・・・知りませんでした〜。へー!」

くらいの相槌を打ったかなと思いますが、その頃を振り返るととても自分が「癒しの家にいる」実感はなく、夫もそんなに穏やかな日常を実感しているようには思えませんでした。

まず、ビーグル犬はその頃もう10歳くらいだったかと思いますが、元々狩猟犬なのでめちゃくちゃ元気で、「油断も隙もない」勢いで、テーブルの上の食べ物や息子のおもちゃを破壊するので、その片付けが大変なのと、何より毎日の散歩が欠かせないのが本当にしんどかったです。

あー懐かしい・・・18年間一緒に暮らしました

可愛かったけど、可愛いがるだけでは動物は飼えません。

特に子育て中で産後ずっと寝不足だった私にとっては正直「散歩行くなら寝たい」と思っていました。

なぜなら犬の散歩に行くのに子供を置いていくわけにはいかず、ベビーカーによいしょと子供を乗っけて、リードとお散歩バックに加え、子供の飲み物やら夏は日除け、冬は防寒グッズをたくさん準備して行かねばならず、そのままスーパーに寄れたら一石二鳥で便利なのですが、うちの犬はお店の前の電柱にくくりつけて「待っててね。」をやろうもんなら、「ワォーン!ワンワンワォーン!!」と、「今私、捨てられましたー!誰か助けてくださーい!!」といった感じの雄叫びをあげるタイプで、道行く人はびっくりするし、お店にもご迷惑なので、それは出来ませんでした。

繋いではみたけど・・・これではスーパーに入れないなと思っている図

2つ目、熱帯魚は夫の趣味なので私はほぼノータッチでしたが、夫にしても仕事が忙しいなかで、10日に1度は「水換え」をしなくてはならず、これがまた60リットルの水槽だったので台車にでっかいバケツを載せて水槽のあるリビングとお風呂場を何回も往復し2時間くらいはかかるので「水換えするならパチンコに行きたい」と思っていたかも知れません。

最後に幼い子供ですが、「魔の2歳児」「ヤダヤダ期」という言葉があるように、この頃の育児は本当に大変でした。まず、うちの子は何度も書いていますが、小児科の先生認定の「ショートスリーパー」だったため、睡眠時間が短く、他のお母様方が「子供が寝てから自分の時間を楽しんでいます。」というようなことが一切出来ず、下手したら絵本を読みながら先に私が寝落ちするような毎日でしたので、この頃世の中で流行っていたモノは全く知らないというような状況でした。

このようにご近所マダムからみたら「3大癒し要素」だったモノ達は実際には「3大大変のもと」だったりした訳です。

しかしながら、それら全ては元々うちに「あった」わけではなく自分たちが「飼った」り「産んだ」りしたモノたちなのでもちろん誰かに文句を言えるようなことでもなく・・・。

確かに育児に悩んだときに犬を撫でて心を落ち着かせたり、熱帯魚を眺めて考え事を整理したり、子供の笑顔で自分もいつの間にか笑っていたり・・・は、しました。

なんでやろ・・・大変だったことはいっぱい書けるけど、癒されたことはこの2行で書き終わってしまいました・・・。

癒されるのって大変なのかな・・・。

でも結局は癒されてもいたので、マダムの指摘はあながち間違ってはいないのですが、

「そうなんです〜。もう毎日が楽しくて、幸せなんです〜。」

とは言えなかった私は天邪鬼なのか我が儘なのか・・・。


私は「自分を癒すご褒美ヨガサロン」というテーマでリラクゼーションヨガ教室を開催しています。

良い香りのアロマを焚いて、海のさざ波や小鳥のさえずりが聞こえる自然音楽を流し、優しめのアサナ(ヨガのポーズ)で構成したシークエンス(プログラム)を行い、最後はブランケットをお掛けして約5分間のシャバアサナ(屍のポーズ)で瞑想していただきます。

今は少人数でマスクをして・・・

生徒さん達は「癒されましたー。」「体が伸びて気持ちよかったです。」「心身軽くなりましたー。」などと言ってくださいますが、このスタジオへ来るまでは冬は寒いなか防寒をして大体は自転車で来てくださっています。(今はご紹介のみのため、ほぼご近所の方なので)

雨が降っている日なんてレインコートを着てびしょ濡れで来てくださる方もいらっしゃいます。

なかには「朝、子供の体調が悪くて病院に連れて行ってから来ました。」「ちょっと途中で仕事の電話が入るかも知れないのですが・・・・。」「時間がなくて、5分前に失礼します。」というような方々まで・・・。

そこまでしてご参加いただき本当に有難いと感謝すると同時に、そうまでしても「癒しの時間」を必要とされているのかも知れないと(単純にストレッチしたいから来てくださっている方が大半とは思いますが)皆様にとって「頑張って来てよかった。」と思える時間にしなくちゃと気合いが入ります。

「癒される」ためには何かしらの努力が必要なのかな・・・それがあるからこそより一層その癒しをありがたく感じるのかも知れないなぁ・・・なんてことを考えていたら・・・あ!ありました!ただただ癒すモノが!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません