濃厚でうま味たっぷり!鶏肉のクリーム煮とバターライス

今回紹介する料理は、白ワインで煮込んだ鶏肉のクリーム煮です。濃厚でまろやかな味わいは、今の寒い季節にぴったり。バターライスを添えて、クリスマスのディナーにいかがでしょうか?

クリスマスにはローストチキンが定番ですが、今日は目先を変えて古典的な料理のクリーム煮にします。鶏肉とマッシュルームのうま味が混ざりあった、濃厚な仕上がりです。即席のバターライスを添えたので、クリーミーなソースを絡めながら食べてください。寒い日にはこってりとした味がおいしいのです。

鶏肉の白ワイン煮込み 昔風

材料

鶏もも肉…350g前後(1枚)
塩…小さじ½ (3g)
小麦粉…適量
マッシュルーム…1パック
玉ねぎ…1/4個
にんにく…2片
バター…12g(大さじ1)
白ワイン…50cc
水…100cc
生クリーム…100cc
卵黄…1個(+牛乳大さじ1)
バターライス…適量(作り方後述)

1.鶏肉は4つに切り分け、塩を振ってから15分以上(可能であれば30分以上がベスト)置く。マッシュルームは薄切りにし、玉ねぎは適当な大きさに切り、にんにくは皮を剥いて木べらや包丁などで潰す。

2.鶏肉に小麦粉をはたく。厚手の鍋にバターを入れ、中火にかける。バターが溶けて泡立ってきたら皮目を下にした鶏肉を入れ、火を弱火に落とす。にんにくと玉ねぎも加え、皮目にうっすらと焦げ目がつくまで焼く。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

supersaworingo 今夜はこちらを作ってみました🍴 白ワインのおかげか濃厚だけど後口しつこくなくて本当においしい! |樋口直哉 @naoya_foodlab |「おいしい」をつくる料理の新常識 https://t.co/fGhJxLmuhP 25日前 replyretweetfavorite

konohanoyume クリスマスは鶏食べたいな https://t.co/FfPG6aI00I 約1ヶ月前 replyretweetfavorite