昭和の時代まで残っていた「土葬」という風習

曾祖母の葬儀もつつがなく終わり、あとは埋葬。曾祖母の強い希望で土葬が行われました。昭和末期のお話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takkyems 土葬は知らなかったなあ。 昔からの風習に則った葬儀、読んだだけで背筋が伸びる感じある🤔 https://t.co/WfexD75CJX 4ヶ月前 replyretweetfavorite

SnowPrairie 描いて残しておく価値あり。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

happinessmusic8 昭和46年に亡くなった私の祖父は座棺で土葬だったそうです。こうやって風習を漫画で残してくれるってきっと貴重なことと思います。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kfthinwor33 このように細やかな葬儀の決まり事その成り立ちを思いますと、人にとって死とは大きな関心ごとなのでしょうね。 4ヶ月前 replyretweetfavorite