牛丼つゆだく問題

今回の林さんの連載は、林さんが命名した「バーで牛丼つゆだく問題」について。酔って気持ちよくなると、どんなつまらないことでも口に出してしまう人がいます。友人だったら正直に「つまらない」と言ってしまっていいかもしれませんが、飲食店の従業員が客に言われたら。そんな時、あなただったらどうしますか?

ちょっと困ったお客さん

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

ジョン・チーヴァーの小説を読んでいたら、こんなシーンがありました。ずいぶん酔っぱらった父親が息子と一緒にNYのお洒落なレストランに入ります。そして、テーブルに通された父親が「パチン」と指を鳴らしてボーイを呼ぼうとしました。するとその「パチン」に怒ったレストランの人間が「貴殿は私どものレストランのお客さまではないようです」と言って、店から追い出してしまったんです。

僕は「そうかあ。やっぱりあの『パチン』には怒っても良いんだ」と知り、それからはお店であの「パチン」をやられても、無視をして気がつかないフリをしています。

同様に「お兄さん」って呼ばれても無視をして気がつかないフリをしています。呼ばれたことないのですが、「大将」って呼ばれてもたぶん無視すると思います。

この話を同業者の女性に話すと、「わかる! 私も『ママ』って呼ばれたら『すいません。ママはやめて下さい』って言うことにしてるもん」と盛り上がります。

「パチン」の人も「お兄さん」の人も「ママ」の人も、別に悪気はないのはもちろん理解しています。たぶん、そういう場所ではそういう風に呼ぶのが良いことなんだろうとどこかで学習してしまったのでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomodaton 相手が場違いなことをしてしまうのはもてなすこちら側にもまだまだな所がある。これは普通の対人関係においても然り。 約5年前 replyretweetfavorite

mariko_space もすごーく同意。あきらかに面白くないこと(笑いの意味で)を言われたときの反応が勉強になります。 約5年前 replyretweetfavorite

semlabo 上手いこと言うなぁ。これは仕事上での値引きとかそのへんでも言えることかもね。  約5年前 replyretweetfavorite

konpyu 気をつけます 約5年前 replyretweetfavorite