お店の歴史がつまった “超定番”なサンドイッチ【後編】

JR立川駅から多摩モノレールに乗り換えて約5分、「泉体育館」という駅からさらに10分ほど歩いた閑静な住宅街に「デリシャス」はあります。

初めてデリシャスに来た人は サンドの“重さ”に感動する

しっとりしたパンとジューシーな具材が吸いつくようになじんだデリシャスのサンドイッチは、食べごたえたっぷりでありながらも、どこかホッとする味。清水さんが言います。

「うちのメニューは定番だからこそ、久しぶりに食べたときに、『ああ、この味だ』ってなるんじゃないかな。実際、何も特別なことはやっていないですよ。コツはとにかく、新鮮な材料を新鮮なうちに、丁寧に、一生懸命作ることだけ。だから今でも、その日のサンドイッチは、当日の朝に仕込むし、作り置きも絶対にしないんです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
小さいけれどスゴい店が大好き!

ケトル

とにかく、小さいけれどスゴいんです! 気取らず、カッコつけず、自分の好きなモノを、自分の目の届くところで丁寧に売る。敷居は低く、専門性は抜群に高い、今すぐは行けなくてもいつか訪れる日を楽しみに待ちたい。ケトルの「小さな店特集」です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード