煮込まないからおいしい、青菜と鮭のやさしいスープ

今日は、旬のほうれんそうを使った「ほうれんそうと鮭のヘルシースープ」をご紹介します。短時間でサッと煮ることで、ほうれんそうはシャキシャキ、鮭はふっくらに。野菜もタンパク質もたっぷりとれて食べ応えのあるスープです。ぜひお試しください!

緑野菜の代表、ほうれんそうをたっぷりと!

冬に最高においしくなるのが、ほうれんそうです。寒さに耐えつつ、ますます甘くなって体にもよいこの緑野菜を、ピンク色のサーモンと一緒にクリームスープにしてみました。ほうれんそうは下ごしらえのひと手間で格段に変わります。レンジで簡単にできますのでご安心を。

やわらかくまろやかな鮭、シャキッとしたほうれんそう、ほろほろ煮崩れたじゃがいもを、やさしいミルク味のスープが包み込みます。寒い日に食べたい癒しのスープです。じゃがいもも入っているのでボリュームがしっかりあり、メインディッシュにもなります。

このスープの最大のポイントは、食材の煮え加減。ほうれんそうも、鮭も、牛乳も、煮込みすぎないことが肝心です。スープはコトコト煮込むと思われていますが、長く煮込めばいいってものでもないのです。短時間でとびきりおいしいスープを作っちゃいましょう!


ほうれんそうと鮭のスープ

材料(2人分)  所要時間20分

ほうれんそう 2/3束(100~130g)
じゃがいも 中1個
にんにく 1片
生鮭切り身 2枚(200g)
牛乳 150mL
バター 20g
塩 小さじ2/3
水 350mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

min_4418 色づくくらいに火を通したバターとにんにくがアクセント。美味しい。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

seri0114 昨日はこちらのスープで夕食。美味しかった🥰 https://t.co/A0OQ7xRiqO 10ヶ月前 replyretweetfavorite

HORIGON69 有賀薫さんのレシピを参考につくった。鮭の代わりにストックしてある鶏のささみで。火を通しすぎないことを心がけて。ジャガイモが作る口当たり感とバター&ミルクが体をほんわかさせてくれます。https://t.co/Uc2lvPYIra https://t.co/R7iupJbp4m 10ヶ月前 replyretweetfavorite

crayfish0316 頂いたトングとお鍋でおゆはん作りました😋 有賀薫さんの青菜と鮭のやさしいスープ🍽 https://t.co/mh8osDcBKn https://t.co/cLhgma6utf 10ヶ月前 replyretweetfavorite