好きな気持ちは、隠さない。心のままに「好きだ」と言おう。

超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』が、ベスト版として書籍化! 新刊『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』の発売を記念して、cakesで全文公開します。考えすぎてしまうあなたの背中を押す、61話+αを配信予定。今回は、第3章「ひたむきさが人生を変える」よりお届けします!

赤ちゃんを見ていると、「生きるのが上手だなぁ」と思います。

ご飯が食べたかったら「お腹がすいた!」と泣き、食べさせてもらえたら、にっこりします。眠たかったら「眠たいよう」とぐずって伝え、ひとしきり泣いたら、そこがどこであろうと寝てしまいます。 感じたままに表現し、感じたままに行動しているんです。

「生(しょう)を明(あき)らめ死を明らむるは、仏家一大事(ぶっけいちだいじ)の因縁(いんねん)なり」という道元禅師の言葉があります。「生きるとは何か、死ぬとは何かを明らかにするのが、修行者にとって一番大切なことだ」という意味です。

生きるとは、心で思ったことを言葉にし、行動に表すことの繰り返し。 「当たり前だ」と思うかもしれませんが、大人になるほど、これがなかなかできないのです。 あなたは心で思ったことをそのまま言葉にして、話しているでしょうか? その言葉のとおりに行動しているでしょうか? 赤ちゃんのような素直さで、自分を表現しているでしょうか?

たぶん、違いますよね。 赤ちゃんが子どもになり、少年少女になり、大人になる。そうやってだんだん年を重ねるに従って、「自分はこう思っているけれど、ストレートに言ったら顰蹙(ひんしゅく)を買うかもしれない」と本音を口にするのをためらうようになります。

たとえば恋をしても、「この人のことは好きだけど、そのまま好きな気持ちを表現したら、ふられたときに傷ついてしまうかもしれない」と思って素直になれない。 あるいは仕事で困ったことがあったとき、「わからない、助けてほしいと言いたいけれど、能力がないと思われたら恥ずかしい」と、飲み込んでしまう。 思ったことを言わず、行動にも移さない。

心、言葉、行動という「生きることの根本的な営み」の矛盾がふくらむと、生きることが苦しくなってしまいます。 心だけではなく、体も病んでしまいかねません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「悩み」の出口は、目の前にある。

この連載について

初回を読む
人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」

大愚元勝

「生きるのがラクになった」「悩みがなくなった」と大評判! いま最も視聴されている超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』のうち、最も人生を変えうる動画をセレクトして書籍化しました。「考えすぎてしまい、行動できない…」「同じ失...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません