よい教育はよい環境から

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第4章 小学生時の過ごさせ方

【学びの促進】 教育は一に環境、二に環境

子どもはできるだけ質の高い教育環境で学ばせたい。子育てがはじまった早い段階でそう思いはじめたのは、質の高い教育を受けてきた友だちと刺激を与え合える環境のほうが、子どもの自己形成や才能の開花につながると思ったからです。

質の高い教育を受けられるのは、国立か私立だと思った私が、私立の洗足学園小学校(神奈川県川崎市)を選んだのは、共学にもかかわらず男子は附属中学がないため、中学を外部受験することが必須だからです。子どもは中高一貫の進学校に入れたかったため、中学受験に向けたレベルが高い授業を高学年で受けられるのも魅力でした。

実際、洗足学園小学校の6年間の生活でよかったことはたくさんあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【cakes 連載第23回目 ‼︎】 🔖第23回目は、『』です。 是非ご覧ください😊 https://t.co/iLcsY6t2ys #たかせみほ #cakes https://t.co/017aCGlq5r 10日前 replyretweetfavorite