​なぜ芸能レポーターは嫌われるか

賛否が集まったアンジャッシュ・渡部建の謝罪会見。どのワイドショーもこの話題でもちきりになりましたが、武田砂鉄さんはどう見たのでしょうか?

「渡部がかわいそう」なのか

アンジャッシュ・渡部建が謝罪会見を開き、久しぶりに直接叩けるぞと前のめりになったレポーターたちが、マスクにフェイスシールドをして会見場に集結した。翌日のワイドショーでは「謝罪のプロ」による「肩パットは抜いておくべきだった」とのアドバイスもあった。5年ほど前のベッキーの会見時に「髪は後ろに結んでおくべきだった」なんて声があったことを思い出せば、「謝罪のプロ」というか、「難癖つけて自分の仕事を維持するプロ」なのではないかと思えてくる。肩パットを抜いて臨めば、「肩パットを抜いて会見に臨むあざとさ」を指摘したかもしれず、意図的な判断にも、無意識の判断に対しても突っ込めるのだから、なるほど、プロの仕事である。

芸能レポーターに100分間も詰問された渡部がかわいそう、という共感も珍奇である。発覚直後にこの連載で「不倫は当事者間の問題なので、外野がとやかく言うことではないが、記事を読む限り、渡部が複数の女性を道具のように扱い、行為後には金銭を支払っていたケースもあるようだから、不倫という言葉はなじまない」と書いたが、自ら開いた謝罪会見に対して、芸能界の仲間たちが薪をくべるように「渡部かわいそう」を高めてくる様子は、彼自身の行為をポップにする効果を持ってしまう。事実、これまでも、仲間たちの間で「多目的トイレ」というキーワードは茶化す道具にされてきた。

「不祥事→会見→自粛→復帰」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ka2zou なぜ芸能レポーターは嫌われるか|武田砂鉄 @takedasatetsu | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

10ricedar Q97への井上の回答に対する“回答”が痛快 なぜ芸能レポーターは嫌われるか| 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

snusmumrik_sf 『〜不倫や謝罪会見をひたすら報じているから、政治への意識が低いままなのだとも思う。』 至言ですね。芸能リポーターという仕事って、いったい何の価値を生み出しているんだろう。これこそまさに"ブルシットジョブ"なんじゃないだろうか。 https://t.co/cwWFnDpq7x 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

yasaimashiko 「不倫や謝罪会見をひたすら報じているから、政治への意識が低いままなのだとも思う」という最後の一文が痛快。それ。 なぜ芸能レポーターは嫌われるか|武田砂鉄 @takedasatetsu | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite