お前はなんのために小説書いてんだ?」

(前回までのあらすじ)17歳の毛木(もぎ)あかりはとっても毛深い女子高生。普段小説を読まない大石から「お前の小説だから読みたいんだ」と言われ、デート中に読んでもらうことになります。大石はどんな感想を抱くのでしょうか?

※これまでのお話は<こちら>からどうぞ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すごく毛深い女子高生の話

えんがわよう

17歳の毛木(もぎ)あかりはとっても毛深い女子高生。ふさふさの腕毛や脚毛に、凶器にも武器にもなるスーパーロングの髪。コンプレックスをものともせず、明るくて素直なあかりは、誰からも愛されるクラスの人気者。そんあかりのぶっとんだ高校生活を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yo_engawa 「すごく毛深い女子高生の話」その16がcakesで公開されました。毛木の創作意欲はどうなっていくのか・・・ 12/10(木)10時まで全ページ無料です。https://t.co/lpjzDMaDJC https://t.co/aj30C9jzCP 約1ヶ月前 replyretweetfavorite