図解 ワイン一年生

ドイツワインを買うときのシンプルな見分け方

ワインはそこそこ飲むけれど、いつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、とっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「ピノ・ノワール」など個性豊かなぶどうを擬人化させ、味や香りの特徴をイメージで伝えます。書籍『図解ワイン一年生』より全文公開します(毎週日曜日更新予定)。


長年にわたってフランスと領土争いをくり返し、お互いの文化が行ったり来たりした影響で、ドイツワインはお隣フランスのアルザスワインとよく似てしまいました。
そしてそのワインによく合う酢漬けのキャベツや、豚肉の煮込み料理といった郷土料理までかぶってしまいました。

ドイツは甘口主体、アルザスは辛口主体ですが、どちらも白ワイン王国と呼ばれているし、貴腐ワインもあるし、おまけにメインで使われている品種がリースリングだという点も類似しています。

ここまでは「似てるね」で済まされるのですが、ドイツワインはやばいのです。
どうやばいかというと、名称がやたらと覚えにくいのです。
たとえばアルザス地方で使われるピノ・グリという品種は、ドイツではグラウブルグンダーという別名になります。
ピノ・ノワールは、シュペートブルグンダーに変わります。
響きが違いすぎてイメージが重なりづらいし、なによりもかわいくないです。

他にも同じくアルザス地方で使われるゲヴュルツトラミネールという品種や、ドイツで最も古株の品種といわれるミュラー・トゥルガウなどもそうですが、どの品種の名称もなんとなく全身が筋張っていて、骨が太そうだな、という印象を受けます。

またフランスの地方指定優良ワインにあたる「AOC(AOP)」という表記のかわりに、ドイツには「Q bA」という表記があります。
これがなんの略かというと「クヴァリテーツヴァイン・アイネス・ベシュティムテン・アンバウゲビーテス」です。もう唾がいっぱい飛んでくるだけで、なにを言ってるのかさっぱりわかりませんね。


こんなふうに、ドイツワイン関連は名前がゴツゴツしていて、ややこしすぎるので、ソムリエ試験では捨ててしまう人が多いです(本当は捨ててはいけませんよ!)。
というわけで、なにを申し上げたいかと言いますと、ワインのプロをめざすような人でも覚えるのが大変なのだから、ドイツワインの名称はぼんやり覚えておけばいいのではないでしょうか、ということです

さて、ドイツワインといえば、とにもかくにも甘口の白です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
図解 ワイン一年生

小久保尊 /山田コロ

ワインはそこそこ飲むけれど、ワインはいつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、複雑でとっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。かわいい高校生に姿を変えた「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません