図解 ワイン一年生

クーラーに合う「超清涼ワイン」

ワインはそこそこ飲むけれど、いつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、とっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「ピノ・ノワール」など個性豊かなぶどうを擬人化させ、味や香りの特徴をイメージで伝えます。『図解ワイン一年生』より全文公開します(毎週日曜日更新予定)。


船橋や秋葉原が“俺の庭”なら、ロワールは“フランスの庭”です。

古城や庭園が、ゆったりと流れる川が、なだらかな丘陵が、豊かな田園が、そんな風景がどこまでもどこまでも広がっている風光明媚なところ、であるようです。

筆者は訪れたことはないのですが、ロワールのワインを味わうときは、そういう風景を乙女のように想像しては、うっとりしたり、頬を赤らめたりしながら飲みます。
そうすると、ワインと美しい風景とが一体となって、胸の奥を満たしてくれるような気がします。
でもふと目を開けてみれば、そこには船橋の立ち飲みバーでヨレヨレになった酔客がカウンターに突っ伏していたりします。
そういう現実とのギャップがたまりません。

ロワール地方はとても大きなところです。
だからローヌ地方のときと同じように、「ロワールという産地だから」というよりも、「ロワールのこの銘柄が好きだから」「使われている品種が好きだから」という理由で選ぶことになると思います。

ただロワールワインの中から選んで損しないのは、“さっぱりした辛口の白”でしょう。

実際、首都パリでは、ロワールの白ワインがデイリーワインとして最も多く飲まれるようです。
衝撃的においしいわけじゃないけど、いつまでも飽きがこないシンプルな味だということになります。

ロワールは四つの地区に分かれていて、それぞれ特徴を出しています。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ワインが10倍楽しくなる! ずっといちばん売れてるワインの本!

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

小久保尊
サンクチュアリ出版; フルカラー版
2015-11-26

この連載について

初回を読む
図解 ワイン一年生

小久保尊 /山田コロ

ワインはそこそこ飲むけれど、ワインはいつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、複雑でとっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。かわいい高校生に姿を変えた「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません