図解 ワイン一年生

ソムリエが宅飲みに選ぶ「飲み疲れない」ワイン

ワインはそこそこ飲むけれど、いつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、とっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「ピノ・ノワール」など個性豊かなぶどうを擬人化させ、味や香りの特徴をイメージで伝えます。『図解ワイン一年生』より全文公開します(毎週日曜日更新予定)。



フランスワインを飲もうというのに、あえてメジャーなボルドーもブルゴーニュも選ばず、ローヌのワインをわざわざ手に取ってみる。

ここらへんから、ちょっと「ワイン通っぽい自分」としての自覚が出てくるのではないでしょうか。

ボルドーを選ぶか、ブルゴーニュを選ぶかは「オレンジジュースか、グレープフルーツジュースか」という感覚に近く、味の傾向で選ぶことができました。

ところがローヌの場合はそうはいかず、ジュースでたとえるならローヌは「自動販売機」のようなものです。自販機にはコーヒーもお茶もジュースもあるのが普通だから、「今日はコカ・コーラの自販機ではなく、サントリーの自販機にしよう」という選び方はなかなかしませんよね。
それくらいおおざっぱで、幅広い味をカバーしているのがローヌという地方です。

だから「ローヌだから飲もう」というよりも、好きな品種が使われているから、または好きな銘柄があるからたまたまローヌを選ぶということになりそうです。

ローヌは全体的に、ボルドー&ブルゴーニュに比べるとカジュアルに飲めます。

なぜかというと、ローヌには全体的にルールにとらわれない、伝統に縛られない、ゆる〜い風土があるからです。
味もばらばら。
AOC(AOP)の規範からはずれた自由な「自然派ワイン」というのもたくさん作られています。

酸っぱさも、果実味もそんなに目立たない、リラックスした雰囲気の田舎のおばあちゃんっぽい味です。
そういうのが、自然派ワイン好きの人にとっては魅力なのかもしれません。

「わかりやすくおいしい」し、値段も安め。
するする飲めるし、飲み疲れないので、休日の早めの時間から飲むときや、大勢で飲むときなんかにおすすめです。

またローヌは、大阪の中心地のようにキタとミナミに分かれます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ワインが10倍楽しくなる! ずっといちばん売れてるワインの本!

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

小久保尊
サンクチュアリ出版; フルカラー版
2015-11-26

この連載について

初回を読む
図解 ワイン一年生

小久保尊 /山田コロ

ワインはそこそこ飲むけれど、ワインはいつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、複雑でとっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。かわいい高校生に姿を変えた「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sawamemo ワイン擬人化にハマりつつある 2ヶ月前 replyretweetfavorite