図解 ワイン一年生

ワインに慣れはじめた人に「ブルゴーニュ」をおすすめする理由

ワインはそこそこ飲むけれど、いつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、とっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「ピノ・ノワール」など個性豊かなぶどうを擬人化させ、味や香りの特徴をイメージで伝えます。『図解ワイン一年生』より全文公開します(毎週日曜日更新予定)。


日本の二大ゆるキャラが熊本県のくまもんと、我らが千葉県船橋市の英雄ふなっしーであるように、世界の二大ワイン産地は間違いなくフランスのボルドー地方、そしてこのブルゴーニュ地方ということになります。

ブルゴーニュ地方はローマ時代から修道僧たちが開墾して、すばらしいぶどう畑を作ってきた場所で、偉大なワインを生み出す畑のほとんどは修道院の持ち物でした。

修道院で醸造と聞くとなんとなく、ストイックに気難しそうなワインを造っているイメージがありますが、実際、果実感たっぷりの「わかりやすくおいしい」ワインは少なく、飲む人の舌の経験値が求められる「わかりにくくおいしい」ワインが多いです。

そしてブルゴーニュワインは、当たり外れがめちゃめちゃ激しいです。

ブルゴーニュは、ボルドーと比べて各生産者が所有する畑が狭いため「割高」なのが普通なのですが、“ブルゴーニュワイン”というネームバリューだけで売れてしまうため、上質なワインの中に、どうしても粗悪な安物も混じってしまいます。

はっきり言うと、安いブルゴーニュはたいていおいしくないです。
千円、二千円台でブルゴーニュを買えば、まずひどい目にあうと思っておいた方がいいです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ワインをいつも勘で選んでいるあなたへ。下町の人気ソムリエが教える世界一かんたんなワインの教科書

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

小久保尊
サンクチュアリ出版; フルカラー版
2015-11-26

この連載について

初回を読む
図解 ワイン一年生

小久保尊 /山田コロ

ワインはそこそこ飲むけれど、ワインはいつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、複雑でとっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。かわいい高校生に姿を変えた「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません