図解 ワイン一年生

ワイン✕料理」で失敗しない3つの法則

ワインはそこそこ飲むけれど、いつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、とっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「ピノ・ノワール」など個性豊かなぶどうを擬人化させ、味や香りの特徴をイメージで伝えます。『図解ワイン一年生』より全文公開します(毎週日曜日更新予定)。



甘いデザートワインなどを除き、ワインは食事に合わせる飲み物です。

そして「食事の引き立て役」だといわれます。

さらに料理とワインの組み合わせのことを世間では「マリアージュ(結婚)」なんて言うみたいですが、とんでもないです。

筆者にしてみれば、料理の方がワインの引き立て役なわけですから、ワインがアイドルだとするならば、料理は付き人かマネージャーか、いいとこプロデューサーです。だから簡単に結婚なんてしちゃダメです。

......とまあ、そんなものは筆者のくだらない妄想にすぎないのですが、いずれにしても食事あってのワインであって、ワインと料理をどう組み合わせるかはとても大事なことです。
なぜなら組み合わせがうまくはまってしまうと、料理の味だけではなくワインの味までも、桁外れにレベルアップしちゃうからです。

ではどんな料理と、どんなワインが合うものなのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ワインをいつも勘で選んでいるあなたへ。下町の人気ソムリエが教える世界一かんたんなワインの教科書

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

小久保尊
サンクチュアリ出版; フルカラー版
2015-11-26

この連載について

初回を読む
図解 ワイン一年生

小久保尊 /山田コロ

ワインはそこそこ飲むけれど、ワインはいつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、複雑でとっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。かわいい高校生に姿を変えた「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ksk28 あいかわらず役に立って仕方ない記事です。この回で基本編はおしまい。 ↓ 9日前 replyretweetfavorite

sabochin 料理の色とワインの色を合わせるっていうのは聞いたことあったけど、他もなるほどな 9日前 replyretweetfavorite