図解 ワイン一年生

チリワインが「初心者向け」と言われる理由

ワインはそこそこ飲むけれど、いつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、とっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シャルドネ」「ピノ・ノワール」など個性豊かなぶどうを擬人化させ、味や香りの特徴をイメージで伝えます。『図解ワイン一年生』より全文公開します(毎週日曜日更新予定)。



“六つの品種”という地図さえ手に入れれば、ワインの世界を冒険できるようになります。
(“六つの品種”がなんのことかわからない方はこちらの記事をご参照ください)

なぜなら世の中に出ているワインの多くに、六つの品種のうちのいずれかが使われているし、もしも知らない品種に出くわしたとしても、「(六つの品種のうち)どの味に近いか?」を店員さんに確認すれば、自分好みのワインに近づくことができるからです。

これでもう安心ですね。

いつも「ワインはどのようなものになさいますか?」というセリフを聞くたびに身を固くし、「やっぱりビールでいいや」と顔をひきつらせていた方にとっては、ものすごい進歩じゃないでしょうか。
“庶民による庶民のためのソムリエ”を自称している筆者としましては、そういう方のお役に立てることを至上の喜びといたします。

ところが、そう簡単にうまくはいきません。そう簡単にうまくいくなら、そもそもソムリエなんていう職業はこの世から不要になります。
ワインというものがそこそこ難しくて、筆者は本当に良かったと思っています。

というのも、実際にワインを買いに行ってみると、ある大きな問題に気がつくのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ワインをいつも勘で選んでいるあなたへ。下町の人気ソムリエが教える世界一かんたんなワインの教科書

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

小久保尊
サンクチュアリ出版; フルカラー版
2015-11-26

この連載について

初回を読む
図解 ワイン一年生

小久保尊 /山田コロ

ワインはそこそこ飲むけれど、ワインはいつも“勘"で選んでる。そんなプチワイン好きの人のために、複雑でとっつきにくいワインの世界を、図やマンガを駆使して「これ以上ないほどわかりやすく」解説するワイン講座です。かわいい高校生に姿を変えた「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koroyamada 【cakes版図解ワイン一年生UP!】まずはここから!めちゃくちゃワインと仲良くなれる気がしますよ! >>>  【一週間無料】 #ワイン一年生 27日前 replyretweetfavorite