素直な感情」がコミュニケーションの最強の武器になる

一流レストランでサービスマンとして働いていた黒ワインさんが、サービスの技術を恋愛のコミュニケーションに活かす方法を教える連載。今回は、「あの人と仲良くなりたい!」と思ったときに有効な会話術を教えていただきます。恋愛に限らず、職場や地域コミュニティなど、いろいろな場所で使えるテクニックです。

あなたの身近にいる素敵な人。「それなりに顔を合わせることはあっても、どうやって会話の糸口を見つけていいか分からない」なんていうことありませんか? 「普段あんまり話したことはないけれど、あの人ともっと話してみたい」。そんなときに、一気に心の距離を近づける、裏ワザ的な会話術を今回はお届けします。

まず、下の3つのセリフをご覧ください。○○にはご自身のお名前を入れて考えると、イメージしやすいかと思います。あなたが言われて一番うれしいのはどれでしょうか?

1.○○さんって、すごく気さくな方ですね。
2.○○さんって、思ったとおりすごく気さくな方ですね。
3.○○さんって、仕事熱心でちょっと話しかけづらい雰囲気があったんですけれど、こうやって話してみると、すごく気さくな方で安心しました。

どれも「あなたは気さくで素敵な人ですね」という同じこと伝えているのですが、みなさん「3」が一番うれしいと感じませんでしたか?

相手との関係性を深めるコミュニケーションにおいては、「自分の好意を素直に表現する」ことは重要なのですが、なぜ、3のように伝えられるとうれしいのか? その答えを出す前に、僕が実際にこのような言葉に出会い、相手もつい話したくなってしまうような会話の力を実感したシーンをご紹介しましょう。

サービスマンを育てるのはお客様の「感想」

あるご夫婦のお話です。僕が働いていたレストランの近くでは、毎年、医療系の学会が開かれていました。その度にご予約を入れて下さっていたので、おそらくお医者様だったのでしょう。旦那様も奥様も「美味しいものを食べるのが大好きで」とおっしゃっていて、いつも楽しそうにお過ごしになっていたのが今でも思い出されます。

1回目の来店で、僕がたまたまテーブルの担当になりました。おふたりはディナーのコースに加え、料理に合わせたワインのペアリングもご注文なさいました。

と、ここまではいつもと同じレストランのいち風景なのですが、そのご夫婦、ワインを説明するときの反応が、ほかのテーブルと少し違うんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サービスが愛だと言うのなら

黒ワイン

かつて一流レストランでサービスマンとして働いていた、noteでも人気のクリエイター・黒ワインさん。cakesの連載では、サービスの仕事で培った「目の前のお客様を幸せにする」ためのスキルを、恋愛のコミュニケーションに活かす方法をお教えします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

vino_cavolfiore 7位☺️ |黒ワイン @vino_cavolfiore |サービスが愛だと言うのなら https://t.co/n917sS9jRJ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Eriko_Masutani 作りたい人間関係は、自分からまず相手に渡す。 そうすると渡した関係性が自分に返ってくる。この「返報性の原理」は心理学で証明されている👀出会いがけは自分から最初の一手を打つ👍😉 https://t.co/NxyzOK5G3o 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kfk0706 これ鉄板やな。愛されタイプの人は良くやってる。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite