悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

やられた恨みを倍返し!」にはしない方がお得

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」、そんなことはありません。フォロワー10万超の大人気ツイッターアカウント「上馬キリスト教会」のまじめ担当MAROさんが皆さんの悩みに対してキリストの言葉・聖書の言葉をもとに答えます。今回のお悩みは「思いっきり復讐したい」です。本連載は書籍「人生に悩んだから聖書に相談してみた」の一部抜粋です。

お悩み:恨みを「倍返し」にしたい!


よくドラマか何かで復讐のシーンで使われたりする「目には目を、歯には歯を」という言葉ですが、とても誤解されている言葉です。もともとは旧約聖書の「出エジプト記」という書に出てくる律法、つまり今で言う法律の一つです。

たしかに「目を潰されたら目を潰せ。歯を折られたら歯を折れ」ということですから、一見、復讐を推奨しているように読めます。しかし、時代背景を考慮するとそうではなく、むしろこれは過剰な復讐を禁ずるものだったんです。

当時はまだいろいろな法律が整備されていませんでしたから、さまざまな復讐も個人の感情によって裁量が決まっているようなものでした。それで復讐がエスカレートして、「あいつ、俺を殴ったから腕を切り落としてやった!」とか、「目を潰されたから殺してやった!」とか、過剰な復讐が横行するようになってしまっていたんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

MARO(上馬キリスト教会ツイッター部)

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」「勧誘される」、そんなことはありません。現代人に悩みはつきないけれど、聖書に出てくる人だってみんな悩んでいるし、聖書に答えを求めてい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません