旨さの余韻を壊さない魚屋の意地【牡蠣フライ】富水

地元民から愛される絶品メニューがある。キャベツがぱりっと新鮮。漬け物はできる限り自家製。安い。女ひとりもOK。5条件を満たす定食屋を『東京の台所』の著者・大平一枝(おおだいらかずえ)が訪ね歩く。儲けはあるのか? 激安チェーン店が席巻するなか、なぜ地価の高い都会で頑張るのか? 絶滅危惧寸前の過酷な飲食業態、定食屋店主の踏ん張る心の内と支える客の物語。下町の人情を感じる、門前仲町の店を紹介する。


めばるの煮つけ。店頭で買うことも、定食にすることもできる

 富岡八幡宮の門前にある。店の前でおかみさんの高倉良江さんがフライパンを3つ並べ、煮魚を売っている。後ろのショーケースには、大皿からはみ出しそうなホッケや脂ののったサバの塩焼き、照りツヤのいい味噌煮が並ぶ。それらは定食として食べられるし、今晩のおかずにと買って帰る人も多い。



富岡八幡宮の門前。富岡水産が鮮魚店名、富水が食事処の店名

 通りがかりのご近所さんが「よぉ」と良江さんに声をかけたり、「これ食べて」と何やら差し入れを渡したり。元気で朗らかな彼女と、ひとしきり立ち話をして、帰っていく。

 かつて、生魚も煮付けも売るこういう魚屋はどの商店街にもあったものだ。懐かしい風景がこの街では現役で愛され続けていることに、小さく救われた。

夫妻とも築地市場で働いていたので選魚の目が高い

 人気の定食屋、富水(とみすい)は約80年前、富岡水産という魚屋から始まった。夫の宗治さんは3代目である。ふたりは築地市場で働いているときに知り合い、結婚した。彼の発案で、魚屋の一角を食事処にしたのが50余年前。安くて、新鮮な魚介を使った定食はどれもボリュームたっぷりで、学生から家族連れまで客が途絶えない。


牡蠣フライ定食、1050円。注文した客に「あ、いいの選んだね。今が最高だよ」(良江さん)

 じつは私はここで、20年ぶりに牡蠣フライを食べた。一度食あたりをしてひどい目に遭ったのと、どうにもあの生臭さが苦手で敬遠していたのだが、夫があまりに旨そうに食べるので「ひとつちょうだい」と、自然に箸がのびたのだ。 粒の大きい牡蠣フライが5つも入って1050円。おそるおそるフライの山に歯を立てる。

 サクッ。じゅわっ。あれ? あの独特の臭みとクセがない。ジューシーでまろやかな味わい。後味がさっぱりしている。もしかしたら私が食べてきた数少ない牡蠣は、冷凍ものだったのかも。それで磯臭さが前に出すぎていたのでは。魚屋の牡蠣フライの実力に脱帽。富水の牡蠣フライなら食べられると、脳内メモ帳に上書きした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

台所の数だけ、人生がある。お勝手から見えてきた、50人の食と日常をめぐる物語。

東京の台所

大平 一枝
平凡社
2015-03-20

この連載について

初回を読む
そこに定食屋があるかぎり。

大平一枝

絶滅危惧種ともいわれながら、今もなおも人々の心と胃袋をつかみ、満たしてくれる「定食屋」。安価でボリュームがあり、おいしく栄養があって…。そこに定食屋があるかぎり、人は店を目指し、ご飯をほおばる。家庭の味とは一線を画したクオリティーに、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

39buncho 美味しそうです! 行ってみたいなぁ(*゚∀゚)=♡ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

soramame_tette 近所にこういうお店があったらいいよね。→ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tsukijineko1000 |そこに定食屋があるかぎり。|大平一枝|cakes(ケイクス) 門仲に食べに行こう(^。^)/ https://t.co/RxdpvqWZ1P 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Fouringo このお店、行ってみたいな。そしてこの方の記事おもしろい。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite