純猥談

知らねえやつに抱かれた後の駅前ガストの辛口チゲとレモンサワーは格別だった

いま同じ時代を生きる人たちから寄せられた、性愛にまつわる体験談をご紹介するこの連載。今回は一夏さんからの「純猥談」をお届けします。


知らねえやつとセックスした後の駅前ガストの辛口チゲとレモンサワーは格別だった。

当たり前だ。今日一日おにぎり一個とチーカマしか食べてない。
空腹に夜中のチゲとサワーは犯罪級だった。

ガストの生搾りレモンサワーを頼んだことのある人はわかると思うが、生のレモン半個を自分で絞らなければならない。

客に投げすぎだすかいらーく。どういうことなんだ一体。
とか思いつつも、大人しく一人でレモンを生絞る。


生。そうそう。生だったよなあ、今日のやつ。

人生で忌み嫌っているセックスがある。

生ハメセックスと首締めセックスだ。

理由、危ないから。

時々変な人が「S?M?」と聞いてくることがある。
わからない。そんなものはない。

言葉責めが始まると、急に置いていかれる。ここはどこだろう?という気持ちになって、性欲処理がおままごとに格下げされてしまう。


「浮気でこんな気持ちよくなっていいの?」

え? と思った。え?これ、浮気なの。

わかっている。自分の行動が世間一般に浮気なのは。

でも全然心が付いてこない。

私が「浮気だ!」と思うのは、心が浮ついたときだ。他の男を好きになった時初めて罪悪感に苛まれる。


自分は性欲が強い。普通の女の人よりは大分ある。

でもそれってどうしようもなくないか。

食欲旺盛な人間、睡眠欲旺盛な人間がいるのと同じように、性欲旺盛な人間もそりゃいるだろう。

食欲旺盛なやつは食べて欲を満たし、睡眠欲旺盛なやつは極限まで惰眠を貪り欲を満たすなら、性欲旺盛なやつはテキトーにいいやつ捕まえてセックスするしかない。

いやこれは開き直りか。まあいいか。普段は全然いい。

ただもう生理前はほぼモンスターだ。自分で自分が怖い。この前の生理前はトーイックの"イック"が卑猥に聞こえて仕方なかった。

モンスターは今日、彼氏とタイミングが合わなくてついにティンダーで都合良いやつをスワイプしてしまったわけだ。


知らない駅の見慣れないセブンの前に見知った電子タバコを吸う知らない男が待っていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

absence_of_K https://t.co/peyhRnwJ28 6ヶ月前 replyretweetfavorite

michifuture “セフレなんて作るもんじゃないよなあ、とつくづく思った。会えば会うほど情が移る。” ほんまそれ💁🏽‍♀️ 6ヶ月前 replyretweetfavorite