THE ALFEEの話をすると場が和む

今回取り上げるのはTHE ALFEE。彼らの話をするだけで、場が和み、みんなにこやかになるという、その理由について、武田砂鉄さんが考察します。

基本的には「ザ」だけど、アルフィーは「ジ」

皆さん薄々勘付いているとは思うが、THE ALFEEの話をすると、その場が和み、にこやかになる。どんなアーティストでも、そのファン同士が語り合えばにこやかになるに決まっているが、THE ALFEEの場合、ファン以外の人同士でも、話題にあげるだけでにこやかになる。「特にファンではない人がそのアーティストについて話した時、場が和む確率」という統計はとれないものの、他のアーティストと比べても突出した数値になるのではないか。

自分は明治学院中学・明治学院東村山高校出身なのだが、THE ALFEEの3人は明治学院大学の出身。在校時、島崎藤村作詞による校歌を彼らが演奏した特別版CDが生徒向けに発売され、「なんだよ、配布されるわけじゃないのか」と思いながら、購入した友人に聴かせてもらった。分厚いコーラスにしろ、ギタープレイにしろ、丁寧に音階をなぞっていくいつもの感じが校歌にも適用されており、その時にも周囲がにこやかになっていた。英語の授業で、「THE」の読み方について、子音の単語の前は「ザ」、母音の単語の前は「ジ」と教わるなかで、「基本的には『ザ』、アルフィーは『ジ』」が流行ったのは、自分の学校だけだったのだろうか。それとも全国的なものなのだろうか。

天ぷら・寿司・焼肉を合わせて食べる
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TakakoI91057341 @uminotsunami 本当に最高でした✨ 以前、武田砂鉄さんがアルフィーについて話されていました。 全文は読めませんが、アルフィーはなんだか人間っていいもんだなって思わせてくれるのかな😊 阿佐ヶ谷姉妹も。 https://t.co/cDUEAAZrpP 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

vvkz |武田砂鉄|ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 #bakusho https://t.co/phk7jyLsyK 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

sayakaeru ↓ここを笑いつつファンとして誇りに思う。 >「特にファンではない人がそのアーティストについて話した時、場が和む確率」という統計はとれないものの、他のアーティストと比べても突出した数値になるのではないか。 https://t.co/sOS69Gv9uZ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

tsuchiyan アルフィーはキリストだったのか〜。面白かったです。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite